日々の生活での喜怒哀楽記録や、街角や旅行先での写真を備忘録としてアップしていきます。
コマソンの徒然日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
都電の走る街 3
2014-03-30-Sun  CATEGORY: 街角ウォッチング
今日日曜は全国的に雨模様。特に西日本の方とかでは強い雨が予報されてて、
せっかくの桜が雨に散ってしまうのでは?と気がかりな人も多いかと ( ̄~ ̄)

東京や周辺も未だ斑模様な開花状況ながら、早いところや木によっては5~6分
咲いてるようです^^ 同様に今日の雨の影響が気がかりですが、何とか今週
半ばや週末には綺麗な満開模様を楽しみたいものですわなあ ( ̄▽ ̄) 

待ちかねたプロ野球も金曜についに開幕! まだ2試合のみとはいえ、各贔屓
チームの出足にプロ野球ファンの皆さんは悲喜こもごもだったことでしょう^^

我がベイは1勝1敗 これはまあ想定内のまあまあな出足かな^o^v
常勝チームのファンとは違って、喜びの基準も違うものにてw^m^

春の選抜高校野球では昨日は15回決着つかずで引き分け再試合があったようで!
私は夏ほどには関心が持てない春の高校野球ですが、選手の皆さんには最後まで
諦めずに頑張って青春謳歌してほしいですね^^

いやあ、浅田真央ちゃんの優勝とか錦織圭がフェデラーに勝利とか、先週は
嬉しいニュースが多かったなあ~♪ もう沢山あって書ききれないなあw^^

明後日から消費税上がる沈滞感を、今年も各種日本人選手の活躍で癒されたい、
そしてしばし忘れたいwもんですよ(≧∇≦)

あ~残念な訃報もありましたね。元ハイファイセットの山本俊彦氏がお亡くなりに。
享年67歳。フィーリングとか卒業写真とか今も年に数回は車のBGMで聞く昭和の
ナツメロ集に組み込んであるんですよねえ。昭和の灯がまた1つ消えたかあ。

山本俊彦氏のご冥福をお祈りいたします。。。m(__)m


さて今日の街角の備忘録は都電の走る街シリーズの3回目です。

今回は都電荒川線で東京都北区の王子、その後の荒川区内を少々と
いった範疇を取り上げたいと思います。

都電沿線1-38
 大塚から専用線で幾つかの停留所を経て王子近辺で暫し車との併走区間に突入

都電沿線1-39
 王子には飛鳥山公園をはじめ多数の公園や緑地があります (今回は割愛します) 

都電沿線1-40
 明治通り上の坂を車と併走しながらアップダウンする都電 

都電沿線1-41
 高架の幅広いJR線群の下をくぐると王子の駅前です

都電沿線1-42
 都電とJR京浜東北線の電車とのツーショット 

都電沿線1-43
 停留所の名前はまさに王子駅前 荒川線で一番大きな停留所かな  

都電沿線1-44
 JRの王子駅は新幹線の高架下に駅舎があります 

都電沿線1-45
 王子駅の東側駅前 右の明治通りには赤羽までの都電路線あったらしい 

都電沿線1-46
 新旧の商業ビルが混在模様 大塚駅の南口の東側に似てるかも

都電沿線1-47
 今回の王子は時間の都合でこの大きな歩道橋の上からのみの探訪ですw

都電沿線1-48
 昭和そのものっぽい街並みもかなりあるようです

都電沿線1-49
 屋上にボーリングのピンって構図は意外に久々に見たなあ! 

都電沿線1-50
 時間あれば奥までじっくり探訪したいところでしたが荒川線先を急ぎます 

都電沿線1-51
 この街でも路面電車は地域にしっかり溶け込んでいるようですねえ

都電沿線1-52
 ん?荒川線電車を撮影する若い女性 観光客かそれとも鉄子さん?(笑)

都電沿線1-53
 王子を出るとまもなく路線名そのものの荒川区 私鉄の郊外路線っぽいなあ 

都電沿線1-54
 都電おもいで広場 昔はこういう車両が都内各地を走ってたんですねえ 

都電沿線1-55
 町屋に向けて併用区間走行 こういう光景はとても懐かしい


王子は大塚ほどではないにしろ、まとまった商業集積もある賑やかな街です。
京浜東北線で都心部方面へのアクセスも短時間でいけて便利ですしね^^

また王子の周辺には駅西側に飛鳥山公園なる大型の公園が鎮座するのをはじめ、
音無親水公園など幾つもの公園や緑地があって、年配者や女性の方とかに結構
人気がある居住エリアであり散策エリアであるようですね^^

王子駅の東側には財務省の造幣所もあって、我々が日々使うお金やお札の故郷
でもあるようです^m^

今回はEND時間の都合で王子には15分と途中下車滞在出来なかったwので、また
年内に機会あれば王子には街探検に訪れてみたいと思ってますわ^-^

この王子やお隣の東十条とかは私にとって未知部分が多いエリアの1つにて^^;

今回の写真上でも垣間見れるような昭和の名残の光景も周辺には多そうだし,
なんといっても前述の飛鳥山公園や音無親水公園は都内有数の桜の名所!

飛鳥山公園には何年か前に桜の時期に訪れたことあるのですが、あまり
天気も良くなかった上に、写真もいいストック残せなかったんですよねえ^^;

私は今回これらの公園に桜観賞に行けるかどうか分かりませんが、数日のうち
には東京近辺のブロガーさん達がこれら王子周辺の公園の桜模様をアップされる
のは多分間違いないので、興味ある方はそちらをお楽しみに^o^
 (私も王子が日常圏に近ければなあ・・・^^;)


都電の走る街編、次回に続きます。 

(次回はシリーズ最終回で町屋や終点の三ノ輪橋界隈などの予定です)


 
スポンサーサイト
トラックバック1 コメント12
都電の走る街 2
2014-03-27-Thu  CATEGORY: 街角ウォッチング
一昨日25日についに東京でもソメイヨシノの開花が発表され春本番スイッチオン~♪
と勇んでみたものの、昨日今日と東京地方はやや冷たいミスト状の雨が断続的に(x_x)

まあ週末や来週は晴れ間はそれなりにありそうだし満開の花見はそれなりに楽しめ
そうですねえ^o^  つい先月記録的な豪雪に見舞われたのが嘘みたいですw

今月終えなければいけないタスクもなんとかクリア出来そう?な感じで、もうひと
踏ん張りです! って今日ついさっきミスやらかしちゃいましたけどねw(@_@)

新年度を迎える直前ってのは、サラリーマン時代も脱サラしてる今も変わらず
新鮮な気持ちがありますよ^^ でも今回は消費増税っていう件にかなり帳消し
されてる感じですけどねw まあこれは誰もが同じですよね^^;

このブログも始めた当初はすぐ挫折するか飽きるかして続かないんじゃないかと
自分も周囲も懸念してました。が、ペースは落としつつも奇跡的?にここまで
続けてこられています。

これもひとえに毎日多くの方々の応援があってのことと感謝しております^-^

新年度以降も頑張って続けていきますのでよろしくお願いいたします m(__)m


さて今日の街角の備忘録は前回よりの都電の走る街の2回目です。

今回は都電荒川線の沿線で一番繁華?な街の豊島区は大塚にスポットを当てたいと
思います^^

大塚は以前ここの備忘録で少し取り上げたことがありますが、今回は先月の新作画像
と前回は無かった都電観点にて新たに構成アップということで。

都電沿線1-19
 軌道脇に数日前の大雪の名残残る坂道を荒川線電車が下っていきます

都電沿線1-20
 坂をくねり降りた先の街は大塚です 

都電沿線1-21
 大塚の停留所はJR山手線ホームの直下にあります 

都電沿線1-22
 さすがに路面電車 地図で見ても急カーブで街に進入してますね

都電沿線1-23
 大塚の荒川線の直周囲は結構ゆとりのある空間がありますね

都電沿線1-24
 JR大塚駅の南口界隈は古く細めな雑居ビルやマンションが密集 

都電沿線1-25
 JR大塚駅の南口には昨年巨大な駅ビルが竣工していました  

都電沿線1-26
 昭和時代からの大塚バッティングセンタもまだ残ってるようです 

都電沿線1-27
 遮断機も警報機も無く・・・この街の人は路面電車に慣れきってますねえ 

都電沿線1-28
 さんもーる大塚 TVの街探検物で取り上げられることもよくある繁華街

都電沿線1-29
 昭和の時代から変わらぬ親しみ感じる繁華街ですねえ 

都電沿線1-30
 JR大塚駅の北口 こちらはややクールで都会的な感じ

都電沿線1-31
 大塚の最大の繁華街は北口の西側一帯に広がってます

都電沿線1-32
 南口の駅前に比べたら北口側はややゆとりあるビル群の配置かな

都電沿線1-33
 夜はなかなかに賑わう歓楽街 リトル歌舞伎町っていう印象かな

都電沿線1-34
 山手線の車内からタイミング合えば荒川線の電車走行を目撃wできますね

都電沿線1-35
 今も東京の交通の主力の山手線と、かっての主力の都電の唯一の邂逅エリア

都電沿線1-36
 この先、王子方面目指して移動です 

都電沿線1-37
 大塚出ると、郊外風の住宅街の中を荒川線は走ります 


大塚に前回足を踏み入れたのは約2年前ですが、その時には無かった大きな
駅ビルが南口に出来てて、少し圧倒されました( ̄o ̄)
中の写真は今回は割愛しますが、なかなかに洒落た商業施設でしたねえ^^

ただそれ以外の駅周辺は以前と変わらぬ昭和風味な街が広がってると思います。
今回は数日前の大雪の名残で雪が路面に大量に残っていて、一見初めてみる街
のようにも感じてしまいそうでしたけどもw^^;

東京の街として知名度の面ではおそらく下位に位置するであろう大塚。でも
大塚はアド街ック天国で単独テーマに取り上げられるくらいに色んなものが
詰まった街。お隣の大繁華街の池袋を何分の1かの規模に圧縮したような
感じでみればいいかと^m^

大塚は次回取り上げる予定の王子とともに、都電荒川線にとっては最大の
利用客数がある停留所でないかと思います。

大塚で荒川線電車と背景のやや古びた街をしばらく重ねて眺めていると、
どこか地方都市に旅行にきてるような気分に浸れて楽しいもんですよ^o^y

都電の走る街編、次回に続きます (次回は王子などの予定です)


 
トラックバック0 コメント7
都電の走る街 1
2014-03-24-Mon  CATEGORY: 街角ウォッチング
2013年度も残り1週間、忙しさも終盤?で自分のブログの更新も皆様方のサイトへの
御訪問も滞り気味の日々にて大変恐縮です。訪問しても斜め読みだけで去る事も多く
申し訳なく思っております m(__)m  4月になれば少しは余裕できるかなあ^^;

さて関東地方は朝晩は未だ冷えこむにしても日中はだいぶ春らしい日々が続くように
なってきました^^ 毎春待ち遠しいソメイヨシノの都内の開花もこの2~3日の
うちに発表されるかも。今から近隣の桜模様眺める散策をするのが楽しみですわ(≧∇≦)

おっと!その前に消費税対策の買いだめも進めておかないとですねえ ( ̄△ ̄)

周囲の禁煙の勧めも依然無視?しつつ愛煙家の私にとっては煙草のカートン買い
も忘れずにやっとかないとなあ^^; 数万円分買ったろかなww

それに、待ちかねたプロ野球も週末には開幕すよねえ~♪(´ε` )
今シーズンこそ!我がベイは上位躍進で毎日ワクワクさせてほしいなあ^0^y
ヤンキースのマー君ももちろん期待しまくりです~♪

さて今日からの備忘録は東京の都電荒川線と沿線の街の探訪です^^

都電荒川線は東京に唯一残っている路面電車として全国的に結構知られた存在
かな。TVのドラマとかでもよく背景シーンに出てきたりもしますしね^^

普段日常は殆ど縁の無い都電とその沿線を、今年2月に一日乗車券使って早足
ながら探訪してきたので、3~4回に分けて備忘録化したいと思います^-^

都電沿線1-01
 新目白通りの早稲田付近での都電荒川線の電車と併走一般車 

都電沿線1-02
 早稲田は荒川線の新宿区側の起点であり出発点である停留所 

都電沿線1-03
 周囲ビル群と幹線道路に挟まれてクール?に存在する停留所ですねえ 

都電沿線1-04
 この停留所の南部には名のごとく早稲田大学の広大な本校があります 

都電沿線1-05
 こじんまりとした簡素な作りながら意外と貫禄ある印象 

都電沿線1-06
 1両づつしか入れず 着いたら速攻で折り返しですね 160円均一は安い! 

都電沿線1-07
 マメに沿線探訪しようと思ったら1日では到底無理ですねこれは 

都電沿線1-08
 面影橋付近の荒川線 おもかげばしって名前には風情感じます

都電沿線1-09
 新目白通りと歩道を急カーブで横切る 踏み切りもなくちょい怖い場所?

都電沿線1-10
 右は明治通りでこの先に新宿が 荒川線は大市街地とは縁の無いエリア走る路線です 

都電沿線1-11
 遠景に見える超高層ビルは池袋のサンシャイン60  

都電沿線1-12
 荒川線は路面電車とはいえ、こういう専用軌道走る区間が多いです

都電沿線1-13
 池袋に近い雑司が谷付近 遠景は新宿西口の超高層ビル群

都電沿線1-14
 同じく雑司が谷付近 左端は池袋のサンシャイン60 

都電沿線1-15
 手前にはまた超高層ビルが建設中でした  

都電沿線1-16
 なんか今の格差社会になってきてる日本を示唆してる光景にも?

都電沿線1-17
 東池袋付近で幹線道路と交差 踏み切りじゃなく一般の交通信号

都電沿線1-18
 池袋駅から1km足らずとは思えないのどかな停留所光景かな


都電荒川線は、新宿区西早稲田の早稲田から荒川区南千住の三ノ輪橋との間の
12kmを走る東京都交通局が運行する路面電車です。かっては全国一の物凄い
路線規模を誇った東京都電。昭和40年代までにことごとく廃止され、今や
唯一都内に残っている路面電車ですね^^ 

私が初めて東京に遊びに来た中学生時代の30数年前時点で既にこの荒川線しか
なかったです。モータリゼーションの波と地下鉄網の進展でほんと急速に廃止
されてたんですねえ。全国には広島や長崎など、未だ幾つか路面電車が元気に
街の中核の交通機関として君臨してる街がありますが、東京はこれだけです。

私の故郷の福岡でも小学生の頃までは路面電車が街の交通の中心でした。
そんな私からしたら今全くない福岡や今の東京の路面電車の現況はちょいと
悲しく寂しい現実ですねえ(-ω-)

他に似たような形態の電車路線として世田谷区走る東急の世田谷線ってのが
ありますが、あれは一切道路は走らないし路面電車とは言いがたいですしね。

まあそう言いつつ、私も都電荒川線は今回十数年ぶりに乗ったんですけどねw^^;

都電の走る街編、次回に続きます。(3回になるか4回になるか未定です)


 
トラックバック1 コメント10
逗子・葉山
2014-03-21-Fri  CATEGORY: 街角ウォッチング
今日はお彼岸。そして世間的には3連休で最初の春の行楽機会が到来ですね(~o~)

でも私は・・・今日祭日も午後は仕事(T_T)なんでやねんww^^;

先日の春一番の日を上回る強風も吹き荒れ、おまけに郊外で局所的にわか雨?
にも遭遇!(@_@) まあこれも春の洗礼と思うしかないかな(-_・)

まあ今は忙しく、どのみちこの連休も旅行など元々無理でした。でもご先祖様
のお墓参りと掃除にはこの後何とか時間都合つけて行きたいところです(^人^)

貴方九州が実家だったのでは? そうです、福岡に私の先祖の墓あります。
でも都内にも先祖の墓あるのです。いろいろ面倒ではあります^^;

それにしても、安倍首相が笑っていいともにほんとに出演してる!(◎o◎)

来週で32年間続いたいいともは番組終了してしまうにあたっての
惜別目玉企画?の一環ですかいなw

今その録画見ながらこの記事書いてますけども、まあタモリと現役首相の
ツーショットなんて見る日がこようとは思わなんだですわw^^;
 
内容は何とか無難でしたね。でもまあこれは賛否両論巻き起こしますなあ。

今バラエティ番組になんか出演してる場合か!? って怒りや呆れの声も
官民で噴出でしょうなあ ( ̄~ ̄)


さて今日の街の備忘録は神奈川県の逗子市と葉山町です。

逗子や葉山と言えば湘南地域の東の端とでも言うべきエリアで、多くの
人のイメージでは海やヨットでしょうかねえ^^;

今回の写真は昨年までの数回のドライブでエリア立ち寄りしたの中から
街中と海岸のものを幾つか選んでの備忘録アップです^^

逗子葉山1-01
 JR逗子駅 JR横須賀線の三浦半島における拠点駅

逗子葉山1-02
 駅裏手はすぐ高台 何か旅行で山間部の地方に来た気分にも

逗子葉山1-03
 ここから都内や横浜方面等への通勤通学の人が毎日ワンサカいます 

逗子葉山1-04
 駅前はかなりゆったりした空間のロータリーですね

逗子葉山1-05
 駅正面には私好みwのなかなかに昭和レトロな雑居ビル

逗子葉山1-06
 逗子銀座 賑わう商店街のはずですが早朝時間帯にて閑散 

逗子葉山1-07
 逗子駅から海までは少し距離ありますが徒歩圏内かな

逗子葉山1-08
 京急の新逗子駅 京急逗子線の終点 JR駅からは結構離れてます 

逗子葉山1-09
繁華街から外れたとこに位置 なんかローカル私鉄っぽく見える光景

逗子葉山1-10
 駅前に市役所や富岡八幡宮ありますが、終着駅の駅前っぽさ皆無w

逗子葉山1-11
 海側道沿い南下するとすぐ葉山町 小さな漁港も 

逗子葉山1-12
 葉山マリーナのヨット 私には縁遠い世界w

逗子葉山1-13
 釣りや磯遊びも出来る海岸 遠景には江ノ島や上半分雲に隠れた富士山

逗子葉山1-14
 日の出直後 富士山見えてはいますが映り悪しw

逗子葉山1-15
 4年前の同じ場所 これは富士山分かり易いかな 

逗子葉山1-16
 小島の赤い鳥居と白の裕次郎灯台が良き目印かつ光景のアクセント

逗子葉山1-17
 この界隈、右手白建物のようなコンドミニアム多いです

逗子葉山1-18
 真名瀬海岸から見る太平洋というか相模湾 海は広いな大きいなあw 


逗子市は鎌倉市のすぐ南隣にあって、首都圏の住宅地としては昔から人気がある?
湘南地域の東端のエリアです。都内からは50km近く離れてて結構遠いんですが
このエリアから毎日都心に通ってくるサラリーマンや学生は大勢います。

この地に距離あっても住まい求める人がそれなりに多いのは、やはり湘南の海が
近くにあるのが大きいんでしょうねえ^^ 

私の昔リーマン時代、隣の席の同僚がこの逗子から毎日都内東部に通ってきてました。
毎日遠いところからご苦労さんと冷かしてたりwもしてたんですが、本人には土日は
地元でマリンスポーツ三昧!羨ましいだろ!って切り替えされる繰り返しでしたねえw^^;

まあ逗子駅周辺は昔から昔から栄えていただけに光景は昭和レトロな面も多い印象
です。逗子銀座も昼間訪れた機会がないので今回の寂しい写真しかないですが、
なかなかに昭和時代を彷彿とさせてくれる市街地に思えましたねえ(´ε` )

後半途中の富士山遠景の写真は4年前当時未だ使っていた古い100万画素時代の
デジカメ写真にてサイズもこれが限界でした^^; 以後ちゃんと富士山見える日に
この地をドライブ出来てないものでw

赤の鳥居の右横の白い灯台は裕次郎灯台。昔からあったわけではなく、石原裕次郎氏
の3回忌を記念してその際作られたんだそうです^^

年に1~2回程度ですが、このエリアをストレス発散の気分転換に早朝遠征ドライブ
することが昔からなんか多いです私は。たまには海見たいですしね^^
 
なぜ早朝に? この地の海沿いの134号線とか渋滞のメッカで昼間とか休日とか
ウンザリしますもの(x_x) 人気の江ノ島とかあって仕方ないですしね^^;


 
トラックバック0 コメント10
高幡不動 2
2014-03-18-Tue  CATEGORY: 街角ウォッチング
今日18日の東京地方は気温が20度近くあって、まさに春の陽気でした~♪(⌒0⌒)
風も20m位あって、これが春一番だったと発表あり。 まさに待ちかねた春到来^o^

今さっきのニュース見てたら高知でソメイヨシノの開花発表~!(・∀・)
ついに列島の桜シーズンがこれで開幕wですね^-^y

桜前線が関東に到達するのは10日後か2週間後あたりかな? 楽しみです(´▽`)
それまでに3月の予定は何とか無事にやり遂げないとなあww

ほぼ同じ頃に歓迎されざる事wも実施されますけど・・・まあソメイヨシノが
癒してくれるものと思い受け止めましょうかねえ^^;

それにしても昨日のベビーシッターの事件には驚くとともに今のネット社会の
恐ろしさを思い知らされましたよねえ!( ̄△ ̄) お子さんが犠牲になった
お母さん、あまりの気の毒さに言葉になりません。。。(--)

インターネットの世界は便利です。そして今や多種多様なサービスもネット上
で展開されてます。私も今やネットなしの生活は考えられないほどです。

実は私自身何年か前にはネット上で詐欺に遭い掛けたことがありますw
幸いとても頼りになる賢い知人の助けで難を逃れましたが。今もその時の教訓
守って必要以上のネット上の未知なものに手を出すことは控えてます。

今回の事件も契機になって今後ネット上のビジネスやサービスに対する一層の
法整備進むかもしれませんね。またそうあってくれないと困りますよね ( ̄~ ̄)


さて今日の街角の備忘録は東京都日野市の高幡不動の続きです。

高幡不動尊の境内も短時間ながら久々に散策してみました^^

高幡不動 19
 もの凄い年季と風格の仁王門

高幡不動 20
お札等の古び具合見てるだけで厳かな気持ちが深まります

高幡不動 21
 凝視してたら怖くなってきますなあw 室町時代の作だそうです 

高幡不動 22
 境内は意外にかなり広大 東側のハイキングコースは実際は倍以上あります 

高幡不動 23
 先ほどの仁王門を横から 関東でも屈指の歴史建造物かな

高幡不動 24
 不動堂を正面に見据えて

高幡不動 25
 優美な奥殿 寺院というより神社っぽくもあるなあ  

高幡不動 26
 屋根の重厚ぶりは現代建築物よりも頑丈そうw

高幡不動 27
 五重塔 昭和後期の新しいものですが今や高幡不動のランドマーク的存在  

高幡不動 28
 中央の松の木は「旗かけの松」 大きく美しい松です

高幡不動 29
 土方歳三の像 右は土方歳三と近藤勇の事績示した牌  

高幡不動 30
 風格ありますねえ 見る角度によって雰囲気も違うなあ

高幡不動 31
 たしか大師堂だったかと 侘びさびを感じさせられる堂でしたね 

高幡不動 32
 境内にある数限られる土産物屋としてはここが定番かな 

高幡不動 33
 夕暮れの中の京王の高幡不動駅前 現実に引き戻されますw 

高幡不動 34
 構内駅そばの「高幡そば」 小田急の箱根そばみたいなチェーンかな? 

高幡不動 35
 近隣にある多摩動物公園をアピールするラッピング電車 コミカルだなあ

高幡不動 36
 おまけ 高幡不動駅の東端にはモノレールも乗り入れてます 

高幡不動 37
 関東ではモノレールは依然としてかなり珍しい公共交通機関です 


川崎街道から一見したらそれほど大きな寺院には見えない高幡不動尊も
一旦境内の中に入るとなかなかに広くて、1時間程度の滞在ではろくに
全容を見て回れません。今回も残念ながら私はそうでした^^;

境内の東側のハイキングコースは案内図の比率縮小表示してあるだけで
実際は相当に広大です。特に桜や紅葉の季節は素敵らしいです^^

旗かけの松は、源頼義が前九年の役(1051-1052)にて奥州征伐に向かう
途中に高幡不動尊に立ち寄り、戦勝を祈願してそこにあった松に、軍旗
を立てかけたと伝えられていることからの命名だそうです。

今の松は2代目か3代目なので当時の松ではないですが、やっぱ勇壮な
松見てると源氏の栄華の歴史の一旦を垣間見る気分に浸れますね^^

土方歳三の像見てると幕末時へ意識がタイムスリップするような気分に
なりますねえ^-^ たかだか140年ちょい昔の話です。長い不動尊の歴史
からみれば、新撰組の活躍もごく最近の出来事でしょうしねw(≧∇≦)

帰りに高幡不動の超ハイカラな駅舎目の前にすると現実世界に引き戻さ
れますw^^; それにしてもこの新駅舎、どうせ建て替えるなら、
高幡不動尊をモチーフした造形にして欲しかったなあ。

ちなみに最後の方にあるラッピング電車は、この高幡不動駅から1駅区間
だけの支線の動物園線のものです。近くにある多摩動物公園、高幡不動の
ある日野市の自慢の大型行楽地の1つです^^
ここを紹介してたらキリがないので今回はやめときます。


 
トラックバック0 コメント14
高幡不動 1
2014-03-15-Sat  CATEGORY: 街角ウォッチング
今日土曜の関東は気温はそれほど上がらないまでも良い天気でしたわあ(・∀・)
近所の梅の花も、桜の季節来る前に注目を?とばかりに綺麗に咲いてます~♪

でも私は・・・仕事と雑務に追われて何処にも行けず終いですw(T_T)
年度末の3月一杯は仕方ないですかねえ。まあこういう方今多いでしょうね^^;

それにしても昨日の大物俳優の訃報にはまたかと言葉を失ってしまいました。。
宇津井健さんが都内病院で亡くなられたとのこと。享年82歳

宇津井健さんは私にとっても昭和の思い出そのものの俳優さんでしたわ。

小学生に上がるか上がらないくらいの頃の番組「ザ・ガードマン」で早くも
宇津井さんの顔は幼い記憶に焼きつき、その後数え切れないドラマや映画で
名優ぶり御活躍ぶりを見てきましたねえ。

最近でも大河ドラマや相棒でも昔と変わらぬ良い演技されてたよなあ(  ̄∇ ̄)
入院されてることも知りませんでした。ほんと残念でなりません。。。
またまた昭和は更に遠くなった感じです( -ω-)

宇津井健さんのご冥福を心からお祈りいたします。。。m(__)m


さて今日の街角の備忘録は、東京都日野市は高幡不動です。

東京西部以外の方にはあまり聞き馴染みのない街の名かもしれませんね。

でもここには高幡不動尊という関東三大不動の1つの大寺院があって、行事
ある際や正月などはとても賑わう街なんですよ^^

先月その高幡不動近くの聖蹟桜ヶ丘に用向きあった帰りにふと十数年ぶりに
寄り道下車してみたので、2回に分けて備忘録にしてみます^^y

高幡不動 01
高幡不動駅は京王線の主要駅の1つ 行き先自体が「高幡不動」の電車も多いです

高幡不動 02
 ホームは昔と変わらない感じですが、いつの間にか橋上駅になってました 

高幡不動 03
 改札出ると なんか今風の綺麗な商業施設が出来てるみたいだなあ

高幡不動 04
 カッコいい現代風の駅舎になってました 昔はしょぼい平屋建ての駅だったのに 

高幡不動 05
 うーん かっての高幡不動駅の面影が全然なくて呆然です

高幡不動 06
 高幡不動駅は京王線の車両基地もあって駅敷地はもともと大きめです 

高幡不動 07
 大型の商業施設も隣接して出来てて・・・浦島太郎状態ですw 

高幡不動 08
 周辺ビルはともかく駅前って以前はこんなに広かったっけなあ 

高幡不動 09
 新宿から西に30km離れたこの地でも高層マンションは増加してるんですねえ 

高幡不動 10
 高幡不動尊と近隣の多摩動物公園をモチーフしたものですね 

高幡不動 11
 駅の西からすぐの高幡不動尊の参道入り口 ここは昔のままっぽい

高幡不動 12
 正面先に不動尊の仁王門が見えてる中を歩きます

高幡不動 13
 仁王門はすぐでした 道端は2月豪雪時の雪がまだ残ってました

高幡不動 14
 川崎街道を渡ったところに高幡不動尊はあります この道もよく渋滞しますw 

高幡不動 15
 振り返れば、ほんと駅と不動尊とは近いですね 

高幡不動 16
 新撰組の近藤勇と土方歳三の大きな絵が! 

高幡不動 17
 高幡不動尊は土方歳三の菩提寺でもあり人気あるんですよねえ

高幡不動 18
 十数年ぶりに参拝と境内の散策してみます  次回に続きます


高幡不動駅が見違えるように立派になってて、正直びっくりでしたわあ(◎o◎)
調べてみたら、もう10年前に今の姿に改築されてたそうで。
浦島太郎ですほんとw^^;

正直、今回の高幡不動には久々の不動尊と昭和の面影みたいなものを少し期待
しての寄り道だったのですが・・・完全に今回は思惑違いでしたw^^;

何の下調べもせずに思いつきでの訪問だとしばしばこういう事あります。
街は変わっていくものですねえ、発展するものなのですねえ。
まあだから私は街散策が昔から楽しく面白いんですけどね^^y

高幡不動尊は新撰組の土方歳三の菩提寺でもあり、大河ドラマで何年か前に放送
されて以降はその面影目当ての観光客も多いようですね^-^

高幡不動尊の境内やその他高幡不動アレコレについては次回アップします。

高幡不動編、次回に続きます


 
トラックバック1 コメント10
東京ゲートブリッジと周辺 2
2014-03-12-Wed  CATEGORY: 街角ウォッチング
今日12日の朝はこれまで通りに肌寒く!、ほんとに暖かくなるんかいな?といぶかって
たら、昼間はポカポカの東京地方でした(^o^)  最高で18度あったとか!

さて昨日11日は「3.11」 あの凄惨極まる東日本大震災の発生した日から早や丸3年が
経過。多くの方々のサイトでも昨日や今日はこの件が話題の中心のようでしたね(Θ_Θ)

私も昨日は午後発生時刻頃に1分間の黙祷にて、多くの犠牲の方々への哀悼と
させていただきました。

私コマソンは3年前のあの日あの時刻は千葉県の津田沼駅にいて地震に遭遇しました。

市内で最後の用件を済ませ、さあこれから都心方面の電車に乗って帰ろうと改札階の
屋外デッキで煙草吸っていた時にその時は来ました・・・まわりは騒然状態でした!

交通機関が全て止まり、結局私コマソンは、その日は自宅はおろか都心方面にすら
脱出できず千葉県内に閉じ込められ、ネットカフェで一夜を明かすはめに。。。

携帯が繋がらないことによって家族や親族と連絡も取れないし、個室TVで断片的に
目に飛び込んでくる衝撃的な情報や映像に朝まで驚愕させられ続け、結局朝まで
寝ることができませんでした。

あの日と翌日のことだけで1冊の自伝が書けそうな感じです。
多くの方々もそうでしょうね(-_-)

2万人もの犠牲者に原発事故まで誘発されて未だに26万人もの避難者がいる。
3年も経ったのに一体何ということか。。。

この先まだ物凄い時間が掛かるのかもしれません。が、少しでも早く被災の方々
が元通りの生活と郷里を取り戻すことを願ってやみません m(__)m


さて今日の備忘録は東京ゲートブリッジと周辺の続きです。

雄大な景色もさることながら、都心部から遠く離れた埋立地であるあのエリアは、
23区内とは思えない光景もあって、小旅行気分でした^^

東京ゲートB-17
 海面まで38m! 高所恐怖症の人にはつらいスポットかな

東京ゲートB-18
 中央左部に東京タワーも見えているのですが・・・周囲ビル群に埋没w 

東京ゲートB-19
 20~30年前の光景とは比較にならないほど超高層ビル増えたもんですねえ

東京ゲートB-20
 右部に東京スカイツリー 都心部とかなり距離あるのが改めて判ります

東京ゲートB-21
 近くで見ると1本1本はなんとも太い骨組みだなあ

東京ゲートB-22
 高層ビル群無い角度でスカイツリー見ると何か50年前の東京タワーみたいな? 

東京ゲートB-23
 風車とスカイツリーを同時にって光景も日常では考えられないなあ

東京ゲートB-24
 若洲昇降タワーの湾側はゴルフ場 23区内にコースあるとは知らなんだ

東京ゲートB-25
 若洲昇降タワー付近 やっぱ高さありますねえ

東京ゲートB-26
 若洲昇降タワー湾側 ここが23区内の光景とは到底思えないなあ

東京ゲートB-27
 三浦半島の先っぽ、三浦海岸や城ヶ島にでも来たみたいな光景 

東京ゲートB-28
 お魚さん色々いるんですねえ ここで獲れれば江戸前の範疇かあ 

東京ゲートB-29
 一見無骨で地味そうながら凄みはやっぱある橋だなあ  

東京ゲートB-30
 訪問当時は周辺未だ随所で工事やってました

東京ゲートB-31
 若洲昇降タワーの陸側は江東区立の若洲公園 

東京ゲートB-32
 23区内にキャンプ施設あるとは! これも知りませんでした

東京ゲートB-33
 昔はこの一帯全部海だったとは思えないですねえ

東京ゲートB-34
 橋西側付近 晴れてれば、降りる途中に富士山を短い時間ながら拝めます 


歩行中は陸側に見える都心部のビル群がパノラマチックに迫力ありましたねえ。
東京スカイツリーが都心部のビル群からはかなり距離あることがあらためてよく
判り、なかなかに一興です^^ 

意外と東京タワーがこれほど判別しにくいとは! 今でも都内で2番目に高い
建造物には違いないのですが・・・周囲にめちゃ超高層ビルが増え過ぎで視野上
は完全に埋没。なんか東京タワーが可哀想にも思いましたわw^^;

ただ距離が少しあるせいか、全体的には意外に凄い!って気分にはそれほどは
ならなかったです^^; なにしろお台場や有明よりも更に外周の、殆ど東京湾
そのものエリアですしね。レインボーブリッジの方が総合的には東京らしい景色
は楽しめるかな^^

東京ゲートブリッジの歩行通路は終日開放されているわけではなく、基本日中のみ
でした。10時~17時。夏は19時くらいまで拡大されてるらしいです。

あとクルマでしかアクセスはほぼ無理で、今は若洲側昇降口からしか基本いけません。
若洲側とは橋の対岸の中坊昇降口は周囲何も無い孤立地帯で、そこまで歩いても
結局、若洲の昇降口まで歩いて戻ってくるしかないです。つまり往復するしか
ないわけです。時間あれば運動不足解消にはいいのかもしれませんけどもw^^;

まわり公共交通機関もほぼ無く、都内への旅行者にとってはレンタカーでも
借りないと探訪はちょい困難なのが辛いエリアですかねえ。まあこの巨大橋は
趣旨としては産業用に作られたものですしね。この東京臨港道路は走ってる車
の大部分はトラックだったように思いますし。

まあ本来観光向けではないゲートブリッジ、一応日本の土木工事技術の粋
を極めた世界に誇るモノ?らしいし、一見の価値はあるかと思います^^


 
トラックバック0 コメント12
東京ゲートブリッジと周辺 1
2014-03-09-Sun  CATEGORY: 街角ウォッチング
ん~、ほんと3月になって結構経つのに一向に暖かくならないですよねえ( ̄Д ̄)
近所の梅もポツポツ咲いてはいるんだけど、花ビラも寒さに震えてる感じw

こりゃ桜(東京だとソメイヨシノ)の開花も遅れるのかも!?
消費税のアップと同時に桜の開花ってのも気分的には勘弁してほしいなww^^;

しかし、3月は毎年のことながらほんと忙しいです(>_<)
締めだ確定申告だ更新だとか、ほんと誰か代わりにやってほしい気分w

まあそれでも3年前のあの頃を思えば・・・これはまた後日にしましょう。
(節目の3年目、TVでも特集番組いろいろ多いですよね。。)

ソチではパラリンピックが始まりましたね^^ 近隣のウクライナの緊迫情勢で
この五輪は果たして無事やれるのか?と危ぶんだけど無事開幕良かったですね^-^

日本選手も早々にメダルラッシュのようで幸先よく目出度い~♪
先月盛り上がった五輪同様に成功と選手達の頑張りを期待したいですよね^o^v


さて今日の街角の備忘録はちょい街中を離れて、東京都江東区の
湾岸エリアの東京ゲートブリッジと周辺です。

東京ゲートブリッジに関してはこのブログの初期時代に少し取り上げたんですが
中途半端な感じでしたので、未出の画像も多数交えて、2回に分けて回顧の
備忘録アップします^^ 

(画像は多少古めですが、ちゃんと橋開業後のものですので^^)

東京ゲートB-01
 有明から遠景に見えるあの橋、東京ゲートブリッジを今回は探訪です

東京ゲートB-02
 東京港臨海道路を西方向からアクセス 前方ゲットブリッジが見えてきました

東京ゲートB-03
 一旦橋を渡りきります 傍がゴルフ場にて防護ネットが大袈裟な感じ  

東京ゲートB-04
 橋見物や傍の若狭公園来訪者のためのかなり広い駐車場が整備されてます 

東京ゲートB-05
 23区内ではとても珍しい風力発電のプロペラ棟もありました

東京ゲートB-06
 橋方向に歩いていくと、橋手前に何やら塔らしきものが? 

東京ゲートB-07
 東京ゲットブリッジの歩行者用通路に上がるための昇降タワー施設でした

東京ゲートB-08
 今からこの巨大橋を歩いて渡ります (今回は途中までですけどもw) 

東京ゲートB-09
 8階分の高さ上がると、先ほど通り過ぎた橋の道路部分の脇です 

東京ゲートB-10
 東方向見ると先ほどの駐車場や遠景に葛西臨海公園などの光景 

東京ゲートB-11
 少し目を東京湾側に転じると遠景には東京ディズニーランドやシー、周辺ホテル

東京ゲートB-12
 更に東京湾側に転じると遠景は房総半島 千葉市から市原市にかけてかと

東京ゲートB-13
 ちなみに歩行者用通路は陸側のみで東京湾側にはありませんでした

東京ゲートB-14
 眼下には細い突堤が このあたりは釣りの人気スポットの1つなのかな

東京ゲートB-15
 夕陽の逆光で写り悪いですが雰囲気こんな感じでゲットブリッジ渡ります 

東京ゲートB-16
 都心部のビル群を遠景にした光景が凄いです   次回に続きます 


東京ゲートブリッジは2年前の開業ですが、その数ヶ月前までこの巨大橋の建設
のことは私は殆ど知りませんでした^^; 開業の数ヶ月前だったと思いますが
テレ朝の深夜番組のタモリ倶楽部で、開業前終盤工事中のゲートブリッジを特集
してて知った次第です^^

また詳しいことは次回に書きますが、このゲートブリッジは意外にも歩いて渡る
ことが出来るんです。今回の探訪日も時間が限られていたため渡りきってはいま
せんけどもw^^;

パノラマ的な景色や周辺の景観などを次回さらに取り上げます。

東京ゲートブリッジと周辺編は次回2に続きます。


 
トラックバック1 コメント14
3月に入ったとはいえ、昨日は冷たい雨模様、今日は晴天ながらも肌寒い一日と
冬着との縁が中々切れない東京地方でございますわあ (・.・ )

そうそう!昨晩の千葉県柏市の凶悪事件にはぞっとしましたよねえ!(@_@)
あの柏駅の界隈は私コマソンも若き時代にいろいろお世話になったエリアです。

6号沿いの陸橋とかの光景などマンマ記憶に残ってる通りでかなり戦慄しながら
ニュースに見入ってしまいましたわ(>_<) 犯人即捕まって良かったですよ(´ε` )

さて日常に目を向ければ、来月の消費増税に向けた動きが富に目立ってきましたね。
まだ買い溜めには早いけど、そろそろ準備?は始めてもいいかなと( ̄∀ ̄)

私は郵便関係の値上げに備えて、今手元にある10円単位の切手と併用して使うために
1円切手を今日買いました。葉書や封書が52円と72円とか92円ですもんねえ( ̄~ ̄)

消費増税、単に支出増えるだけの問題でもなく些細ながら手間も増えるんですよね。
はあ~、4月が楽しみwで待ち遠しいやら来てほしくないやらww


さて今日の街角の備忘録は川越市編の最終です。

最後は繁華街や川越駅の周辺で。観光は定番の蔵造の町並みの一部しかしなかった
訳ですが、私の趣味的矜持wとして主要駅の周辺光景は外せないもので^^;

川越201310-35
 クレアモール 川越で最も賑わう商店街ロードです

川越201310-36
 いつ来てもこの通りは賑わいぶりが凄いです これが数百m続きます

川越201310-37
 このモールはTVのロケ多いです 去年はモヤさま2もやってました 

川越201310-38
 モールから脇にそれてても人気店は行列覚悟の世界

川越201310-39
 徳川幕府を彷彿させる街でもありますね川越は まつりの山車どんなだろ? 

川越201310-40
 川越駅東口 東武とJRがあり、西武の本川越よりも中心という印象

川越201310-41
 駅東口周辺はペデストリアンデッキがしっかり完備されてます

川越201310-42
 本来の街の中心地ではないですが周囲に施設は充実してそうです

川越201310-43
 atreって首都圏各地で見かける大型商業ビルだったっけな 

川越201310-44
 典型的な首都圏駅前光景って感じ 小江戸観光の風情はここには非ずw 

川越201310-45
 駅構内は広くはないものの天井高くてグッドフィーリングかな 

川越201310-46
 東上線改札前 都内起点の池袋駅よりも垢抜けてお洒落に感じますw 

川越201310-47
 北側から見た川越駅構内 こう見ると一転地方都市の駅っぽいかなw

川越201310-48
 川越駅の西口前 東口側ほど賑わってないけどビル群はこっちが多いかな

川越201310-49
 訪問当時の10月は大規模なペデストリアンデッキの設置工事中でした 

川越201310-50
 中央線の立川や八王子などの駅裏の雰囲気と似てるかも

川越201310-51
 東上線を走る東京メトロの電車 都心部と郊外部の区別がつかない時代だなあ 


クレアモールは川越を代表する大商店街です。アーケード街にはなってないものの、
老若男女幅広い年齢層の人たちで常に賑わいまくってるこの商店街には毎回驚かさ
れますわ( ̄O ̄) 個人的には埼玉県だけでなく都内含めた関東でも3本の指に入る
活気度に満ち満ちた商店街だと思います^o^

観光ではなくこのクレアモールを目当てに川越に遊びにきてる人も多いようです^^
蔵造の町並みなどは、川越駅からクレアモールを突き抜けた街中なので観光の行き
か帰りにはこの商店街の喧騒を楽しむことがどの道出来ますけども^o^

川越駅はさすがに川越市のメイン玄関口って感じで、周囲も商業施設が中々に
充実してる印象です。特に西口は私個人的には今回が初体験でしたので、こんな
ビジネス街を構成してるとは思ってなかったので興味深かったです^^;

川越は観光都市でもあり商業都市でもありベッドタウンでもありっていう
多様な顔をもつ街っていうのを実感しましたわあ。

川越は池袋から30km、昼間だと東上線の急行で30分の都心通勤圏内。
統計資料見るかぎりではラッシュ時は相当な混雑するんでしょうねえ(◎o◎)

今は乗り入れてる地下鉄副都心線を通して、この川越から横浜の中華街
まで電車1本で往来できるという凄い現実。時代は進んでますねえ。

さて川越はなかなか個人的にはお気に入りの街になったのですが、次は
いつ行けるやらw 春の桜も川越まつりもいつかは見てみたいけど・・・

まあ近く訪れる春の桜に彩られた川越の街の光景は、他の方々のブログや
HPで楽しまさせていただく事になるでしょうねえ~^o^y


 
トラックバック0 コメント12
今年ももう3月!先日お節料理を食べたと思ってたけど。月日の流れがほんと早いわあ(◎Ω◎)

歳取ると時の流れ早く感じるようになるよって若い頃にはお年寄りの人達によく言われてたけど、
ほんと最近はしみじみ実感します ( ̄~ ̄)   俺も歳食ったんだなあ、体力も落ちちゃって
・・・気分は30代の青年のつもりでずっといたいんだけどなあww^^;;

で、今日3日はひな祭りですね^^ 大昔、小学生の頃は実家で盛大にひな壇の飾りつけして
3月一杯それを見ながら春休みも過ごしてたっけな( ̄▽ ̄) 女系の女の子多い家庭だったし
当時は義務みたいなとこもあったかな。

今の時代でも盛大なひな壇飾る家庭ありますが、それ覗き見ると何か羨ましさも感じるし、また
懐かしい気持ちにもさせられますなあ(´ε` ) 日本の伝統の雛人形っていいもんですね~^^

それはそうと、この土日の雨で近所各所にしぶとくw残っていた雪の塊が完全に消滅です~♪

長かったなあ!2月8日の第一波の雪から数えて3週間もの間、常に雪が視界にある生活って
北国で暮らしたことの無い私コマソンにとっては人生初体験&新記録でしたし!(◎o◎)

もう雪は来年まで結構です! 桜の季節早くこいこい~♪(´○` )


さて今日の街角の備忘録は埼玉県川越市の続きです。

川越市内のメジャー観光エリアである蔵造りの町並みと周辺の様子を今回は
もう少しアレコレと^^

川越201310-19
 時の鐘近くのメイン通り 車の運転はやや難しいところですねえ 

川越201310-20
 時の鐘はこの蔵造りの町並みのランドマーク的な存在 

川越201310-21
 度重なる周囲の火災を乗り越えて再建繰り返してきた櫓なんですねえ

川越201310-22
 時の鐘の下は薬師神社 とても狭いので長居は無理というか野暮かも

川越201310-23
 案内図見てても町並み内と周囲には神社や寺がほんと多いです 

川越201310-24
 時の鐘周辺は大変混み合うので早々に周囲に退散するも懸命かもw 

川越201310-25
 武州川越 武州って言葉に歴史ロマン感じてしまいますw 

川越201310-26
 写真上小さい看板ですが、川越イモソフトは美味しいアイスクリームでした 

川越201310-27
 店頭で戦国武者の姿で客楽しませている店もありましたねえ 

川越201310-28
 江戸時代や明治まではこういう蔵家はごく普通の存在だったんだなあ

川越201310-29
 版画が好きな方には光景題材に事欠かないでしょうこの街では 

川越201310-30
 路地に入って昔ながらの日常光景テクテク歩き楽しむのも魅力

川越201310-31
 川越といえばイモ イモ系のお菓子種類多くお土産には事欠かないです

川越201310-32
 これも有名ですが、荷物になるんで買うのは見送りましたw 

川越201310-33
 割烹屋 こういう風情の建物の料亭は昔は近所にも多かったけどなあ

川越201310-34
 超懐かしい昔のポスト 街並みに合わせて残してあるんでしょうね


今回蔵造りエリアを通ってて感じたのは、ここをクルマで通過するのは
ドライバーにとって少しやっかいってことですねえ。昔ここを観光目的
でなくクルマで迷い込んだ?時に苦労したこと思い出しました^^;
観光客とクルマの接触や、また飛び出しも多いもんでw

現地周辺の人にとっては生活道路だし幹線道路の一部でもあるんで車と
歩行者を規制&分離するのは難しいのかもしれませんけどねえ。

時の鐘はそれほど大きな櫓ではないですが、やっぱこのエリアではとても
目立ちますね^^ これを目印に歩いてる観光客の人も多いですし。

今回初めて知ったのですが、時の鐘は最初に造られたのは江戸時代初期
ながらも、度々の大火で何度も再建されてきて今に至るんだそうです。
今の時の鐘は明治に再建されたものだそうで。何代目なんでしょうね^^

蔵造りエリアの東側端あたりだったかと思うのですが、最後の写真の
古いタイプの郵便ポストがあって、おおっ!と感激^0^

私小学生の頃はこのタイプがポストの大半でしたけどねえ。わざと
残してあるんでしょうね^^ なんにしても懐かしかったです。

あ~、今回の川越編2はこのブログの街角備忘録としては珍しく
観光要素だらけの回になってしまったかなあ^^; 

次回川越編3は川越編の最後として、繁華街や川越駅の周辺をアップ
予定です。 (観光要素は今日の2で終わりです^^;)


 
トラックバック0 コメント22
<< 2014/03 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2017 コマソンの徒然日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。