日々の生活での喜怒哀楽記録や、街角や旅行先での写真を備忘録としてアップしていきます。
コマソンの徒然日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東急多摩川の界隈 2
2014-04-28-Mon  CATEGORY: 街角ウォッチング
世間はついにGWの週に突入しましたねえ^^ 今回のGWは休日の並びがさして
良くない?せいか、はっきり前半と後半に分かれていますね。まあ今回も私には
なんの関係も縁もないGWですけどもww(T_T)

ただアベノミクスの御利益?に与かっている裕福な方々はやはり一部なのか、海外
旅行は例年より低調の様子。国内旅行も近場が人気だそうで、ここ2~3日の都内
各地も閑散とはせずそれなりに賑わっているのを感じますしね( ̄◇ ̄)

まあ旅行に参加することもままならずとも、連休期間中は時間の合間を縫って都内
や近郊の散策だけはチョコマカやって、ここの備忘録のネタくらいは蓄積していき
たいもんだと思ってます^-^

美しき遠地の感動的な風景などは皆様方のブログやHP上のものを鑑賞させていただく
ことで今回も癒させていただく所存^^; 私もかっての大旅行時代の画像が沢山
あるにはあるんだけど古いものばっかだしねえw

あ~、それにしてもベイちゃんは4月早々から冴えないねえ~~(>_<)
勝率2割5分!?最初欄を見たときは個人打率と見間違えたかとww
 (いや打率に見立ててもレギュラーだと悪い数字だろこれwww)

まあ大リーグでマー君や松坂君が頑張って高評価受けてるのがせめてもの慰めかな^^;
今日も勝てないまでも負けはしなかったし! マー君凄いぞ君は!(~o~)


さて今日の街角の備忘録は東京都大田区は東急多摩川の界隈の続きです。

前回は駅東側の田園調布せせらぎ公園を主に取り上げましたが、今回は駅西側に
広がる大型公園の多摩川台公園です。

今年の2月下旬、覚えてる範囲で10年ぶりだか11年ぶりだかの散策でしたが、それほど
昔とは変わらぬ昭和風味な園内だったかな。それにこの公園は23区内でもかなり珍しい
古墳群があるのが特徴でもあるんですよ^^

東急多摩川1-21
 四季の野草園近辺 木々の彩りは落ち着きあって良い感じ 

東急多摩川1-22
 多摩川の東側に沿う形でとても細長い多摩川台公園 

東急多摩川1-23
 水性植物園 残念ながら一番何も無い時期でしたw 

東急多摩川1-24
 松の木がなかなかに風流にバランス良く植樹されてます

東急多摩川1-25
 高台の園内から見る多摩川渡る東横線 対岸のビル群は川崎市の武蔵小杉近辺

東急多摩川1-26
 落葉してる木々多い時期でしたが お陰で陽当たり良い状態

東急多摩川1-27
 随所に多摩川河川敷方面に降りていく小道が整備されてます 

東急多摩川1-28
 細長く起伏も程よくある園内は近隣住民の格好のジョギングコースだとか 

東急多摩川1-29
 この公園でも随分沢山の種類の野鳥が見れるらしいですねえ 

東急多摩川1-30
 多摩川の河川敷界隈の景色見れる高台 昔の巨人の多摩川グラウンド跡も

東急多摩川1-31
 かって多摩川挟んで都内側に巨人軍、川崎側に日ハムの練習グラウンドありました 

東急多摩川1-32
 散策路脇は幾つもの古墳群があります

東急多摩川1-33
 23区内では一番規模の大きい古墳群でしょうねえ

東急多摩川1-34
 ある古墳の上で若い人達が何やら作業中?

東急多摩川1-35
 古墳測量の実習!? 大学でそんな実習もあるんだあw

東急多摩川1-36
 古墳展示館(写真左)もあって以前タモリ倶楽部でも紹介されてたかと 

東急多摩川1-38
 運動広場の隅には女神なモニュメント像も

東急多摩川1-39
 園北部とを結ぶ虹橋 この先に渡ったのは今回が初めて

東急多摩川1-40
 井戸なんて今は普段街中でめっきり見かけなくなったしなあ 

東急多摩川1-41
 大雪から10日近く経過しても路面は未だ結構雪がありました!

東急多摩川1-42
 昔懐かしい風体の遊具施設 色以外は昭和40年代のまま!?

東急多摩川1-43
 はるか昔の小学校時代の校庭を思い出してしまいました

東急多摩川1-44
 広々としてて人も少ない園内は考え事しながら散策するにうってつけ?w


多摩川台公園は比較的行きやすい位置にあるのですが、個人的に覚えてる範疇では
これで3回目だったかなあ。2回目は10年くらい前まで当時よくやってた昭和時代
のTVドラマや特撮番組等のロケ地めぐりの一環で来たことだけはっきり記憶 ^m^

昭和40年代半ばのドラマ「美しきチャレンジャー」でこの多摩川台公園の多摩川が
見えるアングルとかロケ地だったんですが、現地で当時の位置を特定したり推定
したりするのが面白かったんですよねえ^^;

深夜番組のタモリ倶楽部で2年前位の回にこの多摩川台公園が古墳をテーマに
取り上げられたのを見て、近いうちに再訪したいと思っていてそれが今年の冬に
までズレこんでやっと再訪となった次第^^ 23区内にあって普段はこれだけ
ひと気の少ない(地域住民以外には人気無し?)大型公園も貴重かと^o^

でも今回公園の奥にまで初めて足を伸ばして正解だったと^^ 昭和中期の時代
から殆ど変わっていない様子の子供の屋外遊具とか井戸とか。ジャングルジムとか
滑り台とか、あれ私が生まれた時代の設計そのままでしょうきっと^-^
(国立や都立じゃなくて大田区立の公園だし改修の予算限られてるのかなww)

今回東急多摩川駅の周辺を2つの大きな公園視点で見てきましたが、どちらも
今見返しても素敵な公園だったと思います^-^ こんな環境を田園調布エリアの
住民だけに日々堪能させるのは惜しい?し、皆さんも近くにお越しの際は寄り道
してみてはいかがかと^o^


 
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント14
東急多摩川の界隈 1
2014-04-24-Thu  CATEGORY: 街角ウォッチング
昨日今日は小浜大統領、じゃなくてオバマ大統領来日がニュースの中心ですねえ( ̄▽ ̄)
銀座の三ツ星の寿司屋さんの寿司はどんな味!? 私は一生縁は無いだろうしなあww

この大イベントwのおかげで検問だの交通規制だの私はこの2日間もろに影響受けました^^;
まあ天下の米国大統領の来日となれば仕方ないですかねえww

でも駅のコインロッカーが全面利用停止ってやり過ぎでは? 私の関東近郊の知人は
荷物預けられなくて、ブーブー言ってましたねえ。困るよねほんと ( ̄~ ̄)

さてさて明後日から多くの人が楽しみにしてるGWに突入ですね^^

早くも明日金曜からGW休みに突入の人もいますね!何でも年休を計画的に絶対に取得
しなくてはならないから、夏やGW等に絡めて、毎年まとめて消化するんだそうなw(◎o◎)

前回も触れた件だけど、休みまくれる大企業の人いたり、貧乏暇無しの人(私みたいなw)
いたりと人の生き様、運命は様々ですわなあw^^; まあしゃあないですね^^


さて今日の街角の備忘録は東京都大田区は東急多摩川の界隈です。

渋谷と横浜を結ぶ東急東横線の途中にある多摩川という駅と周辺が今回の対象です。

東急多摩川という表現にしたのは、他に多摩川や玉川の地名や駅名のところが、
多摩川沿いに幾つもあるためです。単に今回のみの区別造語ですので悪しからず^^;

首都圏の中でもかなり地味な小駅?である多摩川駅界隈を対象にしたのは、昔乗り換え
によく使っていたという事と、周辺に都内っぽくない大型公園が2つあるという事です。

今年の2月に久々に散策した際のものを2回に分けてアップします^^

東急多摩川1-01
 多摩川駅の東隣は同じ大田区内の田園調布、西隣は神奈川県川崎市の新丸子

東急多摩川1-02
 名前の通り近くを多摩川が流れており、東京と神奈川の都県境エリアです

東急多摩川1-03
 この付近の東横線は高架線 人の乗降も少ない東口前 

東急多摩川1-04
 東口前には閑静で緑豊かなエリアが隣接してますねえ

東急多摩川1-05
 田園調布せせらぎ公園 かっては多摩川園なる遊園地があったエリア

東急多摩川1-06
 年間通じて木々の彩りが綺麗な公園です 訪問時は残雪もまだありました

東急多摩川1-07
 いろは坂 公園内は山間部の遊歩道みたいなところも随所に 

東急多摩川1-08
 こういう配慮もあるんですねえ! 

東急多摩川1-09
 滝坂 名のごとく途中小さな滝が 昔の遠足気分~♪ 

東急多摩川1-10
 ここ住所上は田園調布ですよw 山間部みたいですよね 

東急多摩川1-11
 渓谷もどきを抜けて草っぱらに出るとほっとしますw 遠景は東横線の電車

東急多摩川1-12
 木に昔ながらの巣箱 街中公園でもそうそう見ることなき光景かな

東急多摩川1-13
 多摩川園閉園後は寂れた感じの商店街 かっては左側にも商店連なってました

東急多摩川1-14
 駅構内 最近はこういう楽しい壁面の駅多い感じですねえ 

東急多摩川1-15
 昔若い頃は書道塾に通ってたこともあって今もこういうのは好きだなあ

東急多摩川1-16
 多摩川駅の西口 商店街も全くなくいきなり住宅街 

東急多摩川1-17
 高級住宅街として有名な田園調布も大部分のエリアは普通の住宅街

東急多摩川1-18
 多摩川台公園 駅からすぐの古い大型公園 (虹橋付近の出入り口のもの)

東急多摩川1-19
 東横線車内から多摩川渡る際に見た多摩川台公園の南半分 高台にあります

東急多摩川1-20
 2月で季節はずれですが園内はなかなかに趣き深き散策が楽しめました
この多摩川台公園は次回のメインとして今回はここまで


この「多摩川」駅はかっては「多摩川園」駅という駅名で、名前の通りに駅の南側前に
多摩川園なる遊園地があったんですよね。閉園から30年以上が経ってますが、その
遊園地の跡地の一部が今回の田園調布せせらぎ公園に変貌していたわけです^^

私が関東に来てから以降、多くの遊園地が姿を消していきました。これはこれで
少し寂しいものがありますねえ。TDLのようなものは別格として、昔ながらの
遊園地って時代のニーズには合わないんでしょうかねえ(*v v)

せせらぎ公園の園内は原っぱあり渓谷もどきのところありと、起伏に富み、様々な
木々が年間通じて目に癒しをくれる素敵な公園だと思います^o^

もう1つ東急多摩川にて大きな公園が多摩川沿いに広がる多摩川台公園です。
この多摩川台公園については次回いろいろ触れたいと思います。
なかなかに都内では珍しいタイプの公園にて^^y

東急多摩川と周辺編、次回に続きます。


 
トラックバック1 コメント12
芦花公園
2014-04-21-Mon  CATEGORY: 街角ウォッチング
天気の冴えない日々が続いてる東京地方、今日も雨交じりで肌寒い日中です。
暫く前まではバカ陽気続きだったし、寒暖差で老いつつある身にはきついですわ(@_@)

同様に仕事もプライベートも今全然冴えない感じで気分は日光の手前かなあ ( ̄~ ̄)

あ、日光の手前=今市=いまいち 超古い表現w 私オッサンそのものです^^;

まあ身の回りでは間近に迫ったGWの話題が結構盛んになってきましたねえ^^
長期旅行やキャンプとかの予定の話聞いてるとマジで羨ましいですわあ^^;

一番派手な予定を聞かされたのは、先々週のことですが昔の会社同僚だった知人から
 「GW暇か?一緒にニューヨーク行かないか?」
なんて電話がありました。その人は今も違う会社でリーマンしてたはず。

 「どれだけ休みとれたの?」「うん、年休も使ってGWは11連休の予定」
11連休だとぉ!! こちとら今回も2連休すら難しそうだってのに(`O´)
私は当然NG返答しましたが・・・羨まし過ぎるぞ!(T_T)

リーマン勤めしてた方が休める時に休めたかなあ。私も昔リーマン時代は、日々忙しく
とも年に何回かは数日の連休とかとって旅行三昧してたしなあ^^;

まあ隣の芝生見ててもキリないですね^^ 日々それなりに楽しく行きましょうかね^o^y

昨晩は首位のカープにベイちゃん大勝したし~♪
って、いい加減定番の最下位モードから抜け出てね!頼むよ~!^^;


さて、今日の街角の備忘録は東京都世田谷区は芦花公園(ろかこうえん)です。

芦花公園は通称で、正式には蘆花恒春園(ろかこうしゅんえん)という歴史史跡等も
ある閑静な都立の公園です。前回1枚だけ園内の花壇写真アップしたものです^^

他に備忘録の未掲載バックログが溜まってるし、順序的にももう少し後に取り上げる
つもりでしたが、先週の旬な内容も含まれてるし、たまには鮮度優先で^^;

蘆花恒春園1-01 
 蘆花恒春園 最寄駅としては京王線の芦花公園駅か八幡山駅のいずれか

蘆花恒春園1-02
 東側は大幹線道路の環八に接してます クルマでアクセスが一番便利かな 

蘆花恒春園1-03
 草地広場 今の時期は新緑がどんどん鮮やかになってきてます 

蘆花恒春園1-04
 奥行きあって意外に広い園内です 起伏もやや多いかな 

蘆花恒春園1-05
 オールシーズンいつ来ても散策が気持ちよい公園です 

蘆花恒春園1-06
 簡易なアスレチック遊具も点在してて子供にも優しいかな

蘆花恒春園1-07
 多目的広場近辺 木々の光景が爽快ですねえ 

蘆花恒春園1-08
 規模は大きくないですが様々な花壇があります 

蘆花恒春園1-09
 円形だと見た目にも優しいし自然とルンルン気分にもなるかな 

蘆花恒春園1-10
 木々の緑とチューリップ 楽園だなあ 

蘆花恒春園1-11
 殆どの花壇の花は地元の小学生たちの植樹なんですね 大事にしたいです 

蘆花恒春園1-12
 昨今は園内にドッグラン備えた公園がどこでも多くなってきてますね 

蘆花恒春園1-13
 武蔵野の台地の面影を今に伝える緑豊かな公園ですねえ 

蘆花恒春園1-14
 徳冨蘆花が夫人とともに晩年過ごした家が100年経ても保存されてます

蘆花恒春園1-15
 素晴らしい環境で執筆活動してたんですねえ 

蘆花恒春園1-16
 現代、農村部に行ってもこういう日本古来の居室はなかなか見れなくなりましたね 

蘆花恒春園1-17
 園内にいるとここが23区内であることも忘れてしまいますw 

蘆花恒春園1-18
 蘆花夫妻自身が植林してた竹林だそう かなりの規模でした

蘆花恒春園1-19
 蘆花記念館 明治大正の文豪、徳冨蘆花の足跡たどれます 

蘆花恒春園1-20
 園内に同居?するかたちで小さな神社も 八幡神社 

蘆花恒春園1-21
 なんか親近感のある狛犬が迎えてくれます 

蘆花恒春園1-22
 園内は景観も良く、混雑もなく、散策すると癒されますわあ 

蘆花恒春園1-23
 駐車場付近の新緑の木々 同じ緑でも10種類くらい色の違いあるんだなあ


蘆花公園はその名前のごとく、かって明治期から大正にかけて活躍した小説家
である徳富蘆花の旧宅と敷地があったところを、史跡を残しつつ公園として整備
したものです。今回の写真にはありませんが氏の墓も園内にあります。

徳富蘆花は本名は徳富健次郎。昨年の大河ドラマの八重の桜を御覧になった方
なら、同志社設立のあたりで出てきた熊本バンドの一人が、この徳富健次郎だと
いえば思い出されるかな^^

それにしても凄い規模の庭だったんですね^^; 100年前のこの世田谷粕谷
のあたりは家が30軒程度しかない見事な田園風景の田舎だったようですしね^^

とにかく木々や花などの自然が素敵な園内ですわあ^^ どこの駅からも
1km以上離れてるので、ブラっと電車で途中下車して立ち寄るにはちょい面倒
ですが、クルマでだと環八沿いなので便利なんですよね^^y 

同じ世田谷区内には砧公園(きぬたこうえん)という、この蘆花公園より何倍も
面積がある大型公園があります。砧公園も個人的にはよく行くし大好きな公園の
1つなのですが、気軽さや歴史風味を重視するなら、この蘆花公園はお勧めです^^

まとまった規模の竹林なんかは日常目にする機会が東京近辺では乏しいし、
山のほうに小旅行にきた気分にも浸れますしね^-^


 
トラックバック0 コメント10
神楽坂
2014-04-17-Thu  CATEGORY: 街角ウォッチング
新年度4月も早や半ばを過ぎ、東京地方も随分とポカポカの陽気の日ばかりに~♪
心地良いのはいいんだけど、昼間は上着着てて汗かいて気持ち悪かったりもw^^;

それにしても新年度に入ってからも相変わらず忙しいです (@_@)

この記事も本来は昨日の朝とかにアップしたかったものですが、1日半も過ぎた今
やっと更新ですわ( ̄- ̄) この先もこんな按配で不規則な状態が続くだろなあ。

どうか飽きず見捨てずで今後ともお付き合いいただければ幸いであります m(__)m

しかしまあ、忙しくともどこかで息抜きしなきゃやってられないってんで、
昨日移動帰りに世田谷区の芦花公園に少し立ち寄りました^o^

芦花公園はたまにガス抜きに立ち寄ってるので、いずれ備忘録にも登場させたいとは
思ってます^^ 今日は昨日の花壇の光景を1枚だけアップ
芦花公園花壇2014春01
桜終わっても綺麗な花が続々見頃で癒されますね~♪

いやそれにしても昨日の韓国のフェリーの横転沈没事故は衝撃的でしたね!( ̄O ̄)
乗客の多くは修学旅行の高校生たち・・・今も多くの安否不明者が。。。

親御さんらの心労思うとこちらも泣きたくなってきます(*v v)
一人でも多くの生存者が救助されることを今は祈るしかないですね(--)


さて今日の街角の備忘録は東京都新宿区は神楽坂です。

神楽坂(かぐらざか)は名のごとく坂を中心とした繁華街の通りを中心に細長く続く
エリアの総称です。雅な名前にて個人的にも昔から好きなエリアでもありますわ^^

ここのネタを備忘録として登場させるのはもう少し後のつもりでしたが、つい先日
のテレ東のモヤさま2が神楽坂を取り上げていたので、気分的に便乗ですw^^y

神楽坂1-01
 JR総武線の飯田橋駅西口脇の牛込橋から散策はスタート 

神楽坂1-02
 長い通りである神楽橋通りの南の端はJR飯田橋の近辺です

神楽坂1-03
 正面の交差点から神楽坂通りがスタート かなりの坂なのが判りますね 
 
神楽坂1-04
 地下鉄飯田橋駅あたりまで神楽坂下の範疇 ここから景観変わっていきます

神楽坂1-05
 神楽坂下交差点付近からは外堀とJR中央総武線の走行景観

神楽坂1-06
神楽坂下のふもと 急坂な商店街の始まりです

神楽坂1-07
 本来は早稲田通りの延長上なのですが断然この名称の方が良いですね

神楽坂1-08
 赤地の神楽坂の掲示旗がいい感じです   

神楽坂1-09
 神楽小路 脇の路地も沢山ある神楽坂です

神楽坂1-10
 神楽坂仲通り デカいカラオケの看板に苦笑w 

神楽坂1-11
 本多横町 昔の花街時代の名残の雰囲気を感じられそう

神楽坂1-12
 逆転式一方通行なる都市内では珍しい方式 午前と午後で反転

神楽坂1-13
 通り沿いに位置する善国寺 先日のモヤさまはここからスタートでしたね 

神楽坂1-14
 通り周辺路地奥は昔ながらの閑静な住宅街 坂また坂です 

神楽坂1-15
 神楽坂上あたりにくると通りの表記旗は黄色一色に変わります  

神楽坂1-16
 神楽坂全体の半分しかカバーしてない案内板 ほのぼのする絵柄ですね

神楽坂1-17
 神楽坂の表記板や旗など一体何百枚見たっけなあw ここは神楽坂!! 

神楽坂1-18
 振り返れば飯田橋がもう遠くの彼方 長~いエリアの神楽坂なりかな

神楽坂1-19
 キリがないので脇道に 赤城神社 鳥居が結構風格ありますねえ 

神楽坂1-20
 神楽坂は路地を巡る食の散策が楽しそうなエリアでしょうねえ  

神楽坂1-21
 神楽坂の東側界隈の住宅地 完全な昭和へのタイムスリップ気分にw 


ちょいと中途半端な終わり方ですが、訪問当時の時間に限りあって写真も
ここまでです^^;

神楽坂は神楽坂通りや早稲田通りを中心にかなり広域に商店街も広がってて
かなりの時間がないと全域を散策することは難しいですわ( ̄o ̄)

先日放映のモヤさまでは私未だ見たことない路地光景が幾つも出てきたので
それらも参考にして、いずれ神楽坂は再散策に行きたいかなと^m^

神楽坂も南の端の神楽坂下あたりは飯田橋に近く、昔は受験や就職活動などでも
よく歩いたエリアにて地理もそこそこ判るのですが・・・さすがに神楽坂全体は
奥が深いです ( ̄▽ ̄)

神楽坂はその昔、花街として隆盛を誇った街でもあり、今もその時代の名残は
多くの人に愛され賑わう繁華街として継承されてる感がありますかねえ^^

それにしても坂だらけで散策はそれなりに疲れます。意外と街中には高齢の
お年寄りの方をたくさん見かけました。この街をテリトリーに住まいにして
たら相当に足腰は丈夫なことでしょうねえ^^;

神楽坂のあたりが未体験の方は機会あれば是非1度は散策お勧めしたいです^^

東京の繁華街として渋谷や銀座などのイメージが強くイメージにある方とか
だと、東京にはこんな繁華街もあるのかと、浅草などとはまた一風異なる感想
を持っていただけるのではないかと思います^-^


 
トラックバック0 コメント16
目黒駅と界隈
2014-04-13-Sun  CATEGORY: 街角ウォッチング
昼間は完全に初夏の陽気が続く東京地方、ソメイヨシノ楽しむシーズンは終わって
しまいましたが、代わりに桃や菜の花等が街中に潤い与えてくれてますね(´ε` )

で、巷ではそろそろ大型連休に向けた話題もチラホラ聞かされるwようになって
きましたわなあ^^ 海外旅行とかキャンプとか・・・うーん!羨ましいw^^;

はぁ~、去年のGWもどこにも行けなかったし今年は何とか近場でもいいから
1泊旅行くらい行きたいもんです。露天ある温泉とかいいなあ(´▽`)
そのためにも今忙しくともとにかく頑張らないとなあww

おおっ!野球の結果今見てたけど、 筒香選手!1号HRおめ~\(^o^)/

ベイちゃんも今日もし4連敗してたらそのまま例年通りになりそうな気配?
だったけど、これで少しは気分変えて巻き返せるかな (≧∇≦)

そういやニュースといえば例のSTAP細胞が世間話の話題にいつも出ますねえ。

小保方さん、理研、どっちもどっちだなあ。個人的に思うには、この問題、到底世間
には公表出来ないキナ臭い話や背景が隠されていて、結局そこが真相公表上のネック
のような?? まあもうどうでもいいですけどもねw(・ω・)


さて今日の街角の備忘録は東京都品川区は目黒駅と界隈です。

えっ!品川区の目黒? そう!目黒駅は目黒区ではなく品川区にあるんです^^;
では品川駅は何区? 品川駅は品川区ではなく港区にありますw^^

こういうのは地理雑学でよく出てくるウンチクなんで御存知の方も多いでしょう^o^

まあ戯言はさておき、この目黒駅の界隈の画像を今年分~一昨年分のものから
適度にピックアップして備忘録としてアップです^^

目黒駅界隈-01
 目黒駅はJR山手線の五反田と恵比寿の間に位置 両駅の方が有名かなw 

目黒駅界隈-02
 JR目黒駅の東口駅舎&商業ビル(atre) 30数年前の初見から変わらないなあ

目黒駅界隈-03
 私にとって人生で初めて都内に降り立った駅がこの目黒駅の東口 

目黒駅界隈-04
 東口駅前 店は変われど光景は30数年前とほぼ一緒 

目黒駅界隈-05
 東口目黒通りを上大崎方向に 雑居ビル街が続く街並み 

目黒駅界隈-06
 目黒駅の界隈は東口側と西口側とでかなり様相が異なります 

目黒駅界隈-07
 JR目黒駅の西口前 東急旧目黒駅跡に出来た高層ビルは昔はなかった新参者  

目黒駅界隈-08
 かって3両編成のポンコツ電車が定番だった目蒲線も地下化近代化され名も目黒線へ 

目黒駅界隈-09
 駅西方の目黒通り 手前に品川区の案内 向こうに目黒区の表示 境界ですね 

目黒駅界隈-10
 駅周辺はかなりの勾配に 目黒通りを権之助坂方向に下ります

目黒駅界隈-11
 下り立った権之助坂では一方通行の長く分かれていた上下線が合流 

目黒駅界隈-12
 傾けて撮影してるわけではありません これだけ街全体が急勾配の中にw 

目黒駅界隈-13
 権之助坂商店街 突然昭和レトロ世界も 

目黒駅界隈-14
 昭和中期過ぎから全然変わってないレトロな商店群

目黒駅界隈-15
 権之助坂下り立ったところで目黒川 目黒新橋 

目黒駅界隈-16
 目黒新橋は橋両側の春のソメイヨシノ光景が有名なポイントかな

目黒駅界隈-17
 目黒川の桜祭りはこの春も流域各地でにぎわったようです
 
目黒駅界隈-18
 行人坂(ぎょうにんざか) 目黒西口界隈の坂の多さを象徴する古の急坂 

目黒駅界隈-19
 毎日出勤途中でここで手を合わせる人も多い?

目黒駅界隈-20
 大王寺 参拝には行人坂の往来が必要ですw

目黒駅界隈-21
 毎日ここ通る方々は相当に足腰が鍛えられてることでしょうねえw 

目黒駅界隈-22
 権之助坂の北側のとある路地 この一帯は急坂だらけですよねえ 

目黒駅界隈-23
 とんかつの超有名店とんき 都内で最も有名なとんかつ屋かも 


私コマソンは、目黒駅には他の首都圏の駅とはテンションの異なる独特の思い出と
思い入れがあるんですよねえ。

私は福岡の出身で大学時代からはずっと首都圏暮らしなんですが、その前の中学高校
時代は親父がその頃単身赴任で東京にいたこともあって、夏休み等などに毎年、福岡
から東京に遊びにきてました^^

その際に常宿とさせてもらっていた親父の社宅扱いのマンションが、この目黒駅の近く
にあった関係で十代の最初の頃から数年は、この目黒駅は東京で最も利用回数の多い駅
だったんですわ^-^

ちなみに30数年前に初めて新幹線で東京に来て、東京駅から山手線に生まれて初めて乗り、
初めて降り立った駅が、この目黒駅です。 今回の写真の4枚目の光景が未だ当時中学生
だった私が東京で初めて見た駅前光景なんです^^;

事前に当時中学生なりに事前に雑誌や地図等で下調べをしていたとはいえ、 やっぱ初めて
味わう大東京の一角?の目黒駅周辺には雰囲気等で圧倒されたような 気持ちになった記憶
が今も鮮明なんです^^; 

最初に思い入れ度が違うようなことを書いたのはそういう事です。今の日常の生活圏活動圏
ではない目黒駅ですが、今でも年に数回はふらっと用もないのに立ち寄ったりしてますわ^^;

大半の各飲食店等の店自体は入れ替わってたりしてますが、ビル群は殆ど様相変わらず。
まあそれだけ目黒駅周辺の都市化が昭和中期の早くに完了&成熟していたって事ですねえ。

思い出深い目黒駅周辺、今でも好きな街なんですが、そこはやっぱ都心直下。
さすがに住むには家賃等とても庶民のコマソンには無理ゲーですww><

まあ、たまーに訪れる方が長く思い出とともに楽しめるかもって感覚で今も目黒界隈
に顔を出してるコマソンです^o^y

それにしても目黒の西口界隈の坂の多さは大変ですねえ。今月目黒川のソメイヨシノを見た
帰りは久々に行人坂を上って目黒駅まで戻ったのですが、足腰途中でへたりそうになり
ましたよww^^;

あと東口の界隈については尺の関係で今回は割愛しました。またいずれ別の機会に
備忘録アップできればとは思ってます^^

 
トラックバック0 コメント14
街の桜光景あれこれ
2014-04-09-Wed  CATEGORY: 街角ウォッチング
東京地方の日中はめっきり暖かく、少し暑いくらいの陽気が続くようになりました( ̄▽ ̄)
反面、朝晩はまだまだ冷え込み残り、出かける際の着るもの選択に難渋しますわあw

スギ花粉の飛散時期も終わりを迎え、身の回りの花粉症患者の方々の顔つきも
遅まきながら春喜ぶものへと変わってきたかな?とも感じますね^^;

さてウィンドウズXPのサポートがついに打ち切りとなってしまい、巷は結構戸惑い
と混乱あるようです。7や8などに移行するって、関連するソフト群や調整も含めて、
結構な費用と手間が掛かりますものね!

報道によれば当面国内で600万台のPCがXPのままの状態だそうですが、個人的には
その数字以上にまだまだXPのPCあると思います。メインは新PCとともに7や8に
変えていても、サブPCある方はXPのままって人が私の身の回りにワンサカいますし。

XPは歴代のマイクロソフトのOSの中で軽さ等の点で一番人気ありましたし、私も今
使ってる7よりもXPが好きで、今でも戻せるものなら戻したいくらいですしねw^^;

結構前から告知していたとはいえ、何でこうも世界的な迷惑顧みずにサポート打ち切り
とかするんだろうなあ。。。あらためて巨大独占企業って身勝手だと思う今日この頃で
ありんすわw( ̄~ ̄)

スポーツ界はジャンプの葛西選手の結婚とか、マー君のデビュー戦勝利とかダルビッシュ
選手の大リーグ史上最速の500奪三振とか、ワクワクする話題に溢れてますねえ~♪
プロ野球の動向含めて、この先もいろいろ楽しめそうですなあ^o^y


さて、今日の備忘録は、街中の桜光景をさまざま回顧的に取り上げてみます。

桜の光景、この春は例年ほどにはあちこち見て回れなかったので、過去2年間に対象を
拡げて、個人的に気に入ってるエリアなどからのピックアップです^^

街中桜2014-01
 新宿御苑 米国の都市公園風の背景と共存する桜の光景は相変わらず気持ち良いです

街中桜2014-02
 新宿御苑 手入れが行き届いた庭園の緑と桜のコラボ ため息でます 

街中桜2014-03
 新宿御苑 中央遠景に東京タワーも この庭園の魅力は優美さと開放感かな 

街中桜2014-04
 靖国通り 右が靖国神社 左が千鳥が淵 都心部地域で最もソメイヨシノ多いかと 

街中桜2014-05
 千鳥が淵 TVやネット上で定番のお馴染み光景ですね 

街中桜2014-06
 千鳥が淵 桜の季節に訪れると日々のストレスしばし忘れられます

街中桜2014-07
 播磨坂 大通りの両脇と真ん中遊歩道の3列縦隊の桜並木が数百m続きます 

街中桜2014-08
 東京ミッドタウン脇 近年人気出始めた新興の桜スポットですね 

街中桜2014-09
 檜町公園の脇 桜並木と遠景に六本木ヒルズ 

街中桜2014-10
 目黒川 目黒の目黒新橋から見た満開桜 上流の中目黒のも素敵です 

街中桜2014-11
 麻生川 川崎市北部 1kmに及ぶ両岸の桜光景は絶景かと 

街中桜2014-12
 三沢川 東京都稲城市 ここも1kmくらいあったかと 

街中桜2014-13
 代々木公園 つい4日前のもの 桜というより人混を見に行ったって感じw 

街中桜2014-14
 NHK本部放送会館と桜 優美な桜に見合った報道機関であってほしいかなw

街中桜2014-15
 井の頭公園 井の頭池の周囲のソメイヨシノの群生が見事 

街中桜2014-16
 多摩川沿いの桜 多摩川や荒川、江戸川の流域は桜スポットが無数にある感じ 

街中桜2014-17
 隅田公園 上野や千鳥が淵と並ぶ都内有数の桜エリアですね 

街中桜2014-18 
 観光船に乗ってゆったり花見 長い待ち時間耐えられればw至高の世界

街中桜2014-19 街中桜2014-20
 意外と東京スカイツリーと桜光景はマッチするもんですねえ 

街中桜2014-21
 スカイツリーの出現を桜たちは祝福してくれてるかな? 

街中桜2014-22
 東京タワー 今もあんたは東京の主役の一人だよと桜にエール送られてますかなw


キリがないので今回このあたりで桜光景アップは打ち止めにしておきます^^;

この春のソメイヨシノは満開期の短さや天気との相性、あと個人的な活動時間
の制約等もあって、十分には見て回れなかったのが少し残念な気持ちです。

でも桜ってやっぱいいものですよねえ~^o^ 特にソメイヨシノの淡い色あいは
東京のような無骨な都市模様にも田園風景にもどちらにもしっかり光景マッチする、
なんか調味料でいえば「しょうゆ」みたいな存在に思えます^-^

桜を見て新年度もなんとか頑張っていこうと思ったりしますしね^^

皆様方は今年はどんな桜模様を堪能されたことでしょうか?^-^
 (と、北陸や北日本とかでは、桜はまだこれからですよね^^;)

あらためて見直してみると東京と周辺はほんと桜、特にソメイヨシノが多い地方
だなあと実感します^^ 都市化の進展の中でささやかでも自然の彩りと匂いを
維持していきたいという関係者の見えない努力?もなかなかに感じさせられます。

今回登場したエリアはこれまでの通常の備忘録の中で登場したエリアもあれば、
また未出のエリアもあります。今後の備忘録の中で前者も後者もまた深堀して
取り上げていきたいと思いますのでよろしくです^-^


 
トラックバック0 コメント10
毛利庭園と周辺
2014-04-06-Sun  CATEGORY: 街角ウォッチング
寒っ! 桜も散ろうとしてるのに冬に逆戻りしたかのような日曜の東京地方でしたw(◎o◎)
おまけに冷たい雨と更におまけに雷まで! (@_@) 今も心身冷え切ったままですw

それにしても忙しいです。個人事業者の悲しさ?か曜日が関係ない毎日にて、この土日も
半分以上の時間が仕事で少々ゲンナリしてます。まあボチボチやっていくのみですが^^

この記事も本来は昨日日中にはアップしたかったものです。ブログ始めた当初は今と違って
毎日更新してましたが、いったいどうやってやれてたのか?今は不思議ですw^^;

それにしても都心や近辺の今年のソメイヨシノはあっという間に散り始めましたわあ。
満開の見頃でいてくれた日数って今年は3日も無かったんじゃないかなあ( ̄~ ̄)
今年は例年の半分も桜見て回れず少し残念かな^^;

それにしてもこの数日もいろいろなニュースありましたなあ。

チリ地震での津波警報には少し全国に緊張が走りましたよねえ( ̄Д ̄)
昨日一昨日は北日本で暴風雪だとか栃木ではヒョウが降ったとか!4月になっても
まだ冬状態のところは多いですねえ。日本はほんと広い!もんです(・。・)

昨日はまたもや残念な訃報も。。。
俳優の蟹江敬三氏が先月末に胃がんで他界されてたとのこと。享年69年。

蟹江氏は濃いキャラの名優でしたよねえ。去年あまちゃんに出演されてたばかりなのに。
昭和の名優さん方の訃報最近多くてなんか悲しいものありますね(*v v)

蟹江敬三氏のご冥福を心よりお祈りいたします。。。m(__)m


さて今日の備忘録は東京都港区六本木は毛利庭園と周辺です。

毛利庭園というと毛利氏の山口県を思い浮かべる方も多いかと思いますが、今回
のは六本木ヒルズ脇の小庭園のことですのであしからず^^;

毛利庭園はテレビ朝日の報道ステーションのお天気コーナーで毎晩登場するので、
行ったことのない方でも聞き馴染みがある方は多いかと思います^-^

毛利庭園周辺-01
 六本木ヒルズ内のアリーナとテレ朝との間に何やら緑や桜の光景の一帯あり

毛利庭園周辺-02
 森ビル高台の方から見下ろして 庭園の半分と遠景に東京タワーも見えます

毛利庭園周辺-03
 毛利庭園は六本木エリアの西方のヒルズ地区に隣接した庭園です

毛利庭園周辺-04
 今は緑の芝と桜が綺麗な毛利庭園 右はテレビ朝日

毛利庭園周辺-05
 テレビ朝日の本社&スタジオ棟は奥まで凄く大きな建物です 

毛利庭園周辺-06
 今回見頃は過ぎてましたが相変わらずソメイヨシノが素敵な庭園です

毛利庭園周辺-07
 春は桜、秋は紅葉が楽しめる六本木エリアの癒し空間の1つ 

毛利庭園周辺-08
 この回廊歩いているとしばし現実を忘れられるんですよねえ 

毛利庭園周辺-09
 以前は無かった?ハート型のオブジェ 背景に記念写真撮る人多かったです 

毛利庭園周辺-10
 無機質な六本木ヒルズの光景に癒しのスパイスを与える庭園風景

毛利庭園周辺-11
 巨大な六本木ヒルズ森ビルとソメイヨシノとの取り合わせ

毛利庭園周辺-12
 毛利庭園の脇のテレ朝出入り口 タレントの出入りもたまに見れるかも? 

毛利庭園周辺-13 テレ朝の毛利庭園脇の1階部分
 テレアサストリート 自由に出入りできます

毛利庭園周辺-14
 今回は徹子の部屋の前セットが展示されてました 前回時はアメトークだったなあ

毛利庭園周辺-15
 どらえもんがいっぱいww テレ朝の看板アニメでもありましたね^^; 

毛利庭園周辺-16
 昨年の米倉涼子の名ゼリフだったですねえ 自分も1回言ってみたいw?

毛利庭園周辺-17 遠景は六本木ヒルズの超高層住居棟
 六本木ヒルズはメインの超高層ビルの森ビルほか複数のビル群の総称です
 
毛利庭園周辺-18
 毛利庭園から徒歩3分のさくら坂 名のごとくソメイヨシノが道両脇に咲き誇る

毛利庭園周辺-19
 今回はもう3割方落葉してましたが、それでも見事な桜ストリートですね 

毛利庭園周辺-20
 ヒルズの住民はこの時期毎日桜見れるんですねえ ちょい羨ましいなあw

毛利庭園周辺-21
 落葉少なかった木から やっぱ春の桜はいいもんですねえ~ 


今回の記事の写真の殆どは2日前のものです。数ヶ月くらい寝かせたネタの多い
私の備忘録としては今回は珍しいかもです^^ 今回の毛利庭園は毎年春と秋に
訪れていますが、今回のは桜の落葉始まってからだったので少し無念です^^;

毛利庭園の良いところは、ソメイヨシノの満開時でもそれほど見物客で混雑しない
ので、ゆったり観賞や散策ができることですかねえ^^

六本木エリアで一番ソメイヨシノの見ごたえがあるのは東京ミッドタウン脇や
その傍の檜町公園だと思いますが、この毛利庭園の見事な日本庭園の花見も
なかなかに風情あって良いものだと思ってます^o^v

その檜町公園も今回足は運びましたが、今回は毛利庭園周辺以上に既に落葉激しく、
この春のソメイヨシノ見物戦果はイマイチでちょい残念だったなあ (・ω・)

あと毛利庭園を堪能して時間あれば、真横のテレ朝のテレアサストリートの見物
も結構面白いと思います^^ 渋谷のNHKのスタジオパークみたいなものかな。
番組ゆかりの展示いろいろあるし、カフェや土産店もあって30分程度の時間潰し
なら楽勝wかと^-^

さくら坂は名前のごとくソメイヨシノが道の両脇に数百mにわたって咲き乱れる
素敵な通りです。毛利庭園やテレ朝から徒歩で2~3分の至近距離にて、こちら
もお勧めですね^^ 


 
トラックバック1 コメント12
都電の走る街 4
2014-04-02-Wed  CATEGORY: 街角ウォッチング
むうっ、巷ではソメイヨシノが咲き誇ってるっていうのに、まとまった時間が
取れずに桜の有名所には未だろくに足を運べていませんわあ ( ̄~ ̄)

↓時間の合間とかにどうにか寄り道鑑賞できたのはまだこういった所とかのみです。
2014春-目黒川桜見物1
 2日前夕刻の目黒川のソメイヨシノ見物人模様w 8分咲きって感じでした  

今晩から明後日にかけて関東は雨モードらしいし、有名大規模な桜スポットに
足を運べそうなのは週末になりそう。それまで満開保ってくれてるかなあ^^;

まあ桜はともかく消費税がついに昨日から8%になってしまいましたねえ(-_・)

3%分上がったはずが、実際はそれ以上に便乗値上がりした商品やサービス
も多いみたいで、先が思いやられる感じです(x_x)

私個人としての事前の買いだめは結局タバコ4カートンのみでしたわw^^;
ガソリンも入れときゃなあ・・・こうも値上がりするとは認識不足でした(>_<)

年度変わりのこの数日の間は別れを伴うトピックスも多かったですよねえ。

40年以上親しまれてきたジャンボ機が国内線から完全引退とか、32年も続いた
笑っていいともが終了とか。笑っていいともなんて私が学生の頃からやってた
番組だし、タモリさんは私の地元の英雄?だし、ちょい感慨深いですわあ(・ω・)


さて今日の街角の備忘録は都電の走る街シリーズの4回目(最終)です

路線名そのものの荒川区内を熊野前から町屋ときて終点の三ノ輪橋に至ります。
まあ終点の光景には絶句です^^

都電沿線1-56
 尾久橋通りを横切る荒川線 頭上高い方の高架線は日暮里・舎人ライナー  

都電沿線1-57
 熊野前の停留所から三ノ輪方向には東京スカイツリーが見えました 

都電沿線1-58
 町屋 地下鉄千代田線や京成線に乗り換えられる荒川線有数の停留所

都電沿線1-59
 町屋は広範囲に商店が広がり荒川区内でも有数の賑やかな街ですかねえ

都電沿線1-60
 下町のこの辺りでこんなカラフルでかわいい電車は似合わないかもw 

都電沿線1-61
 町屋を出ると終点三ノ輪橋まで沿線は荒川生粋の住宅街

都電沿線1-62
 車内の様子 幅は狭いですね なかなか車内パチ撮りは勇気いりますw

都電沿線1-63
 終点の三ノ輪橋に到着 まるでローカル線の終点みたいな光景w 

都電沿線1-64
 出発地の早稲田と比べると、とても同じ路線とは思えないですねえ

都電沿線1-65
 昭和40年代とおぼしき看板がそのまま残ってます 

都電沿線1-66
 停留所脇の沿線案内 いったいどれくらい昔に描かれたもの??

都電沿線1-67
 三ノ輪橋停留所と遠景に東京スカイツリー 距離は2kmくらいかな

都電沿線1-68
 関東の駅百選に選ばれてたとは。納得!日本人の心の故郷ですね

都電沿線1-69
 作られたのは戦前!? 昭和初期の映画のロケセットみたいw

都電沿線1-70
 三ノ輪停留所から徒歩1分のアーケード街 

都電沿線1-71
 昭和レトロぶりが強烈! タイムスリップした気分w

都電沿線1-72
 近辺の住宅街 その気になればスカイツリーまで歩いていけますね

都電沿線1-73(NET) 都電最盛期1961年の路線図
 都電って昔はこれほどに網の目のように路線あったんですねえ (ネットから借用)


訪問直前は大塚や王子を過ぎればあとは大きな街はない?と思っていたら町屋
を忘れていました^^; 昔から下町の匂いプンプンの賑やかな街でしたが、
今は写真脇にもあるような高層の商業ビルが建っていたりとより賑やか度を
増している感じでした^^

で、終点の三ノ輪橋と周辺の昭和レトロぶりには目が点になりましたです!
昔一度は来ているはずなのですが、こうまで凄いw昭和ぶりとは覚えてなかった
ですわ^^; 部分的には昭和通りこして大正かもw

昭和中期を彷彿させる街と、すぐ近くに見える東京スカイツリーとを対比して
見ていると、なんか50年以上前に東京タワーが出来た当時は同じくこんな感じに、
浮いた感じに見えていたんだろうなあと思いましたねえ^o^
なかなかに面白く興味深い光景でした~

訪問当時の時間の都合で早足で荒川線巡ったので、途中下車したくとも断念した
停留所や周辺スポットが沢山ありました。またいつの日か機会あれば、今度は
それらを訪ねて荒川線沿線に再チャレンジしたいものです^-^


 
トラックバック0 コメント13
<< 2014/04 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


Copyright © 2017 コマソンの徒然日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。