FC2ブログ
日々の生活での喜怒哀楽記録や、街角や旅行先での写真を備忘録としてアップしていきます。
コマソンの徒然日記
皇居東御苑 1
2014-06-17-Tue  CATEGORY: 街角ウォッチング
梅雨の中休みの東京地方、とにかく暑いです。毎日雨づくしだった先々週は晴れ待望
だったのですが、こうも部屋内がムシムシするのでは敵いませんわ(@_@) 

気温そのものは30度かちょっと超える程度なのに(十分夏の気温ですけどもw)、毎日
エアコンの世話になろうとは。まだ6月なのに7月以降が思いやられますね ( ̄~ ̄)

それにしても先週来またも忙しいです(T▽T) このブログやる時間も訪問の時間も
カツカツで思うに任せません。この記事も昨日アップするはずが結局日跨ぎだしw^^;

皆様方のブログ訪問も今週来週は特に十分には出来ないかもしれませんが、出来る
限り頑張りますので今後も当ブログを見捨てずお願い出来たら幸いです m(__)m
  (これ以上多忙になれば一時ブログ休止を宣言するかもですが・・・)

それにしてもW杯・・・もうあの敗戦から2日経ったのですねえ。。。( ̄Д ̄)

もともと実力はコートジボアールの方が上だったのでしょうが、見事に力負けって感じ
でしたね。1-2の接戦スコアも内容的には1-4くらいになってても不思議ではない
くらいに攻められまくりでしたしね。4年前の方が強いチームだったような(*v v)

まあとにかく次のギリシャ戦をもし落とせばベスト8どころかベスト16の夢も絶たれる
わけだし、サムライブルーをとにかく応援あるのみです!^o^

ガンバレ!ニッポン!


さて今回の街角の備忘録は前回までの皇居外苑に引き続いての皇居シリーズの
第2弾として、東京都千代田区は皇居の東御苑をとりあげます。

皇居の東御苑は広大な皇居エリアの北東部に位置する素敵な内容の大庭園です^^
先月の好天時に訪れた際のものをベースに今回と次回2回に分けてアップします。

皇居東御苑01-01
 大手門 東御苑への東の出入り口です 

皇居東御苑01-02
 桔梗濠から見た大手門 昔と変わらぬ風格を保ってますね 

皇居東御苑01-03
 東御苑は皇居全体エリアの5分の1近くの面積占める大庭園 

皇居東御苑01-04
 門前の橋から大手濠の方向 東京消防庁などのビル群の威容

皇居東御苑01-05
 大手門の外門の中から 向こうは大ビジネス街の大手町のビル群

皇居東御苑01-06
 ゲート付近すぐから三の丸尚蔵館(写真左)などあります

皇居東御苑01-07
 プラスチック製の入園票 外国人多いためか裏は英語でした

皇居東御苑01-08
 広い東御苑内の散策路が始まります

皇居東御苑01-09
 今の時期は園内は至る所で新緑が鮮やかですねえ

皇居東御苑01-10 (百人番所)
 右は百人番所 江戸時代は鉄砲隊が常に100人待機してたそうな 

皇居東御苑01-11
 巨大な石による城壁が道案内してくれてるかのようw 

皇居東御苑01-12 (大番所)
 大番所 写真割愛しましたが他に同心番所も近くにあります

皇居東御苑01-13
 園の入り口直後から見所多くて先になかなか進めませんw

皇居東御苑01-14
 園の周囲も中も起伏結構あって全体散策はかなりの運動にも

皇居東御苑01-15
 本丸跡の原っぱ 東御苑の西側の中心地帯にあたります 

皇居東御苑01-16
 一般の都内の公園ほどに混まないのも東御苑の魅力の1つかも 

皇居東御苑01-17
 原っぱの木陰で昼寝という理想光景 私も時間あればしたかったw

皇居東御苑01-18
 このあたりかって松の廊下あった所らしいです 右には大奥も

皇居東御苑01-19
 二の丸を見下ろせる園中央部の小高い展望台 

皇居東御苑01-20
 正面左の坂は本丸と二の丸結ぶ汐見坂です  

皇居東御苑01-21
 二の丸北側 突然都心部に富士の樹海が出現したかのようw

皇居東御苑01-22
 手前白い建物は皇居警察本部です (通常は我々立ち入れません)

皇居東御苑01-23
 汐見坂を下りて二の丸に行ってみます

皇居東御苑01-24
 坂脇の白鳥濠 沢山ある皇居内外の濠の中で多分最も小さな濠

皇居東御苑01-25
 二の丸庭園へ向かいます 木々の新緑がほんと綺麗でした

皇居東御苑01-26
 二の丸庭園 御苑内で一番人気あるエリアかも  →次回に続きます 


この東御苑は前回の皇居外苑と同等かそれ以上の面積がある広大な庭園です。
ここは昼間時間帯だけの開放なのですが、なんと入園は無料なのです^o^y

入園する際は写真にあるような入園票を受け取り、帰る際に返却します。
東御苑の印字等場所を示した表記がされてないのは、こっそり記念に持ち帰られ
たりしないための予防の為かもしれないですね^^;

東御苑は昔からこのような自由な出入りの出来る庭園だったわけではなく、
一時荒廃状態で放置されてた同エリアを昭和43年に様々な改修工事を施した
上で一般公開したものだそうです。

さすがに江戸時代には本丸があった東御苑、園周囲には警備関係の建物が幾つも
残ってます。百人番所なんかは根来衆や伊賀衆などの鉄砲隊4組各々100人が
常に交代で詰めていたそうですから、当時は今以上に警備力は凄かったようで^^;
その傍に今は皇居警察本部まであるのは偶々ではないのかもですね^^

本丸跡は17世紀に短期間存在した巨大天守閣のあった天守台が今も残っている
原っぱですが、大奥などもかってここにあったという歴史的な場所。そして二の丸
は徳川家以前から大庭園が造営されていた美の区画ともいうべき場所。

二の丸の庭園や本丸跡などについて次回もっと取り上げたいと思います^-^

皇居東御苑編、次回に続きます。

今回もダラダラとした私の備忘録にお付き合いいただき、
まことにありがとうございました m(__)m


 
スポンサーサイト



トラックバック0 コメント20
<< 2014/06 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2020 コマソンの徒然日記. all rights reserved.