日々の生活での喜怒哀楽記録や、街角や旅行先での写真を備忘録としてアップしていきます。
コマソンの徒然日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
代々木公園と周辺 1
2014-07-30-Wed  CATEGORY: 街角ウォッチング
いやあ~暑い日々が続く真夏となりましたね~ 毎日昼間は汗かきかき~(* ̄m ̄)

皆様、暑中お見舞い申し上げます (_ _)

学生さんや児童さんたちは長い夏休みに入ってますよねえ。近所でも街中でも彼らが
楽しそうにしてる光景を、大昔を思い出しつつ指加えて羨ましくも思う日々かなww^^;

あ~、私もどこか涼を求めて旅行に行きたいな~♪
(日々の現実がなかなか許してはくれませんけどもw)

まあ世の中キナ臭い事件やら事態やらのニュースばかりで暑さに一層の拍車を
かけられてる感じもしますが、何はともあれ今は我々日々の暑さを気力と体力で
乗り切らないといけませんわな(≧∇≦)

私は昨日はささやかながら鰻にもありついて今日は体力バッチリ・・・かなw^^;


さて今回の街角の備忘録は東京都渋谷区は代々木公園と周辺です。

代々木公園は東京に数多くある大型公園の1つで全国的にも知名度は高い方かと。 
さらにここは都心地帯で交通の便も良いのでよく行かれる方も多いのではないかと
思います。私も毎年1~2回は何気に足を運んでるかな^^

今回と次回(もし収まらねばもう1回)に分けて、今回は主に周辺光景からスタート
したいと思います^^y  ここは飽きてるよ!って方もお付き合い下さいまし^^;

なおいつもの如く写真はここ2~3年以内の訪問からの選抜にて、季節も日時も
天気もマチマチなのは御了解くださいまし (_ _)

代々木公園周辺01-01
代々木公園に一番便利なアクセス駅はJR山手線の原宿駅です

代々木公園周辺01-02
 原宿駅の界隈はいつも賑わってますね 遠景ビルは代々木のドコモビル

代々木公園周辺01-03
 原宿駅のホームは意外に狭く混んでると少し怖い感じw

代々木公園周辺01-04
 駅脇の神宮橋と五輪橋(手前)の界隈 花見時期で賑わってます

代々木公園周辺01-05
 晩秋期の同じ場所 混雑はないですね 左手奥が明治神宮の入り口

代々木公園周辺01-06
 表参道 初夏の新緑も晩秋の紅葉もみごとな1km近い通りです 

代々木公園周辺01-07
 通称ファイヤー通り 遠景の超高層ビルは渋谷界隈で歩いても近いですね 

代々木公園周辺01-08
 晩秋の同じアングル 銀杏の紅葉が楽しめる通りです (悪画質残念w)

代々木公園周辺01-09
 五輪橋は名のごとく50年前の東京五輪の際に作られた橋

代々木公園周辺01-10
 五輪橋から山手線を渋谷方向に 左に湘南新宿・埼京線も見れます

代々木公園周辺01-11
 鉄道の掘割と周辺の桜や紅葉を合わせて楽しむのも乙なものかな

代々木公園周辺01-12
 国立代々木競技場 見えてる第一体育館の向こうには第二も

代々木公園周辺01-13
 さていい加減、今回の主役の代々木公園の方向に舵を取りましょうか

代々木公園周辺01-14
 代々木公園の原宿門 左手遠景はNHK本部 花見時期で混んでます

代々木公園周辺01-15
 晩秋時期の同じく原宿門 桁違いに空いてますよねえw

代々木公園周辺01-16
 代々木公園の上空絵図  隣の明治神宮とは直接往来出来ないです 

代々木公園周辺01-17
 門入ったすぐからパフォーマーの方々がよくいますかねえ

代々木公園周辺01-18
 通行人参加型のパフォーマーはいいもんですねえ

代々木公園周辺01-19
 緑の木立を歩いて園内部へ 花見時期はとりわけ混んでます 

代々木公園周辺01-20
 花見時期に渋谷門近くの展望台から 園内は混み過ぎ!!ww

代々木公園周辺01-21
 園内桜の木たくさんあるのですが・・・人が多過ぎw

代々木公園周辺01-22
 桜の見えるエリア全部がこの有様・・・。。。 

代々木公園周辺01-23
 足の踏み場がないとはこの事 避けて歩くの大変で桜どころではw 

代々木公園周辺01-24
 代わりに水溜りの桜模様を楽しむのも一興ですかね~♪

代々木公園周辺01-25
 都道越しのNHK側には屋外ステージやイベント広場も

代々木公園周辺01-26
 通行量は少ない都道を渡ってイベント広場側へ避難wしてみましょう

代々木公園周辺01-27
 でもこっちもイベントで混み合ってました 右手カーキ色ビルはNHKホール

代々木公園周辺01-28
 最近流行ってますよね、しかしよく登れるもんだw 奥はNHK本部

代々木公園周辺01-29
 晩秋閑散期 代々木公園は本来こういう光景を楽しむところ →次回に続きます 


代々木公園へのアクセスはやっぱ原宿駅を利用して原宿門からってのが一番便利
で無難でしょうかね^^ あと地下鉄だと千代田線の明治神宮前も便利ですね。

原宿駅からは同様に明治神宮へ最短のアクセスができますね。本来原宿の繁華街
目当ての人に加えて、代々木公園と明治神宮の客が加わるので、ほんとこの原宿駅
の界隈はシーズンには猛混雑となります。私は個人的にはもう1つの穴場のアクセス
駅を使い混雑を避けますが、この話は次回にいたしましょう^^

駅の周辺や山手線沿い等の並木光景などはシーズンはなかなか素敵かと^^
半世紀前の東京五輪の匂いも一部残されてるこの界隈は、いずれ2020年の再度の
東京五輪の前には、また探訪ブームで盛り上がるのかもしれませんわなあ^-^

なんにしても今回は春の桜シーズンの代々木公園を一部取り上げましたが、とにかく
人気あり過ぎで混み過ぎなのが難点ですかねえ( ̄Д ̄) 上野公園とかと同様に
知名度のあり過ぎる公園は春のサクラシーズンは園内の光景をのんびり楽しむの
には向いてないですよねえ^^;

で、次回は一転閑散とした晩秋の代々木公園内の光景等をいろいろ取り上げてみたい
と思います。(本来次回が今回の代々木公園の本編みたいなものですね^^;)

代々木公園と周辺編、次回に続きます。


今回もダラダラとした私の備忘録に長々とお付き合いいただき、
まことにありがとうございました m(__)m

 
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント22
砧公園と周辺
2014-07-25-Fri  CATEGORY: 街角ウォッチング
いやあ~猛暑、いや激暑!でしたねえ今日金曜は!\(◎o◎)/
東京で36度近く、多治見ではガクブルwの39度近くだったとか!( ̄O ̄)

今年の夏はエルニーニョ現象の影響もあって、近年の猛暑から開放されるかも?
の淡い期待は今日きっぱりと打ち砕かれた感じですwww( °Д°)

今日は午後所用で出掛けた帰りに1時間半くらい空き時間あったんです。

普段だったらこれはチャンスとばかりに寄り道範囲で街や公園の散策を試みる
(ここの備忘録ネタの多くはそうやって蓄積)のですが、あまりの暑さに体の
防衛本能がヤバイ予兆を感知したwせいで真っ直ぐ帰宅しました^^;

この暑さ、来週にはいくらか緩和されるらしいですが、この先長い夏を無事?に
乗り切れるのか、今日の暑さで不安になりましたわ。。。( ̄△ ̄)

皆様も熱中症にはくれぐれもお気をつけくださいまし。
仕事も遊びも余暇も命あってのモノダネですしねw^^;


さて今回の街角の備忘録は東京都世田谷区は砧公園と周辺です。

砧(きぬた)公園は東京都内や近郊に多数ある公園の中でもベストテンに入る
ほどの広さを有する大型公園です。

同じ都内の大型公園・庭園の中でも例えば代々木公園や上野公園、新宿御苑
などのような知名度や賑やかさはありませんが、1年を通して木々や芝の彩りが
素敵な癒し系?の公園だと思っています^-^

昨年一昨年の夏の終わりや晩秋前などに訪れた際のものから見繕って、お隣の
大蔵運動公園の光景と合わせて備忘録アップします^^
 (毎回天気異なるため空模様がマチマチなのはご容赦のほどを)

砧公園大蔵01-01
 世田谷区にある都立砧公園の正門 園内には世田谷美術館も併設

砧公園大蔵01-02
 一番の最寄り駅は東急田園都市線の用賀 遠来はクルマがベター 

砧公園大蔵01-03
 環八通りと右緑一帯が砧公園 正面先には東名高速の高架 

砧公園大蔵01-04
 環八通り反対の北側 左の砧公園の密林?風の緑は目立ちますね

砧公園大蔵01-05
 23区内では指折りの広さ 先日の日比谷公園の倍以上大きいです

砧公園大蔵01-06
 夏の終わり時の園内 緑の芝と木々が素敵ですねえ

砧公園大蔵01-07
 園内は歩行路や自転車道も複雑に錯綜 よく整備されてます 

砧公園大蔵01-08
 ミニ吊り橋もあって山間部散策気分にも浸れますかね

砧公園大蔵01-09
 まるでゴルフ場w 寝っ転がると気持ちいいです~ 

砧公園大蔵01-10
 今度は晩秋前の園内 紅葉が始まってます 

砧公園大蔵01-11
 見頃前の紅葉でも広い園内は巨大な癒しの空間と化しますね 

砧公園大蔵01-12
 今回の光景は見頃から10日はずれてますが、それでも見応えグッド

砧公園大蔵01-13
 様々な木々の彩りが終日来訪者をリラックスさせてくれます 

砧公園大蔵01-14
 子供遊具やアスレチックの設備もポツポツと設置されてます

砧公園大蔵01-15
 中央遠景にこの辺りでは有名なビルも見えてます (最後に紹介) 

砧公園大蔵01-16
 大蔵通り 砧公園の西端を貫く道です 

砧公園大蔵01-17
 大蔵通りを挟んで砧公園の対岸もまた別の公園です

砧公園大蔵01-18
 大蔵運動公園 世田谷区立の総合公園です 

砧公園大蔵01-19
 ここも砧ほどでないにしろ晩秋は紅葉楽しめます

砧公園大蔵01-20
 噴水と白いピラミッド状の建物? 

砧公園大蔵01-21
 世田谷区立体育館 50年前の東京五輪時会場の一部です

砧公園大蔵01-22
 この噴水や体育館はかって様々なドラマや特撮のロケ地に使われました 

砧公園大蔵01-23
 園内はSLも保存されてます 晩年北海道を走ってたものだそうで 

砧公園大蔵01-24
 大人の背丈ほども直径ある動輪は迫力というより怖さもw 

砧公園大蔵01-25
 日時計 50年前の東京五輪時の記念モニュメントのようです

砧公園大蔵01-26
 砧公園よりもこっち大蔵公園の方が様々なモニュメント多い感じ 

砧公園大蔵01-27
 先ほど遠景の建物は世田谷通り沿いのNHKの放送技術研究所でした


砧公園は東京23区内にいる事を忘れさせてくれる程に自然が一杯の大公園です。

この砧公園よりも代々木公園や上野公園とかの方が広く同様に自然多いわけですが
この公園は都心部ではなく住宅地の世田谷にある関係で、人出が随分と少なく
休日平日問わず非常にゆったりと出来るところがグッドかと^o^y

砧(きぬた)という地名は本来東京の単なるローカル地名の1つに過ぎません。

ただ、はるか昭和の昔、特撮でウルトラシリーズとかの現像場であるキヌタ・ラボラトリー
が、この砧にあったのです。

そのせいで、その時代まだ東京にはいない小中学生の私コマソンも、ウルトラシリーズ
が好きだったせいでキヌタなる地名だけは知ってたんですわ^^; 

今もその地名への愛着のせいか?ちょくちょくこの公園にも足を運ぶ次第です^-^
 (そうはいっても年に1~2回ですけどねw)

今日アップした大蔵運動公園の世田谷区立体育館や噴水周辺、そして砧公園内は、
昔のウルトラシリーズに限らず、今でもTV番組のドラマ等でちょくちょくロケ地になって
るようで、ここに来れば初めてでも何か見覚えある光景だなっと思うかなと^m^y

何にしても砧公園は23区内にあるとは到底思えないほど自然豊かな公園です~♪
家族連れでノンビリするにも良し、カップルでマッタリするにも良し、一人で瞑想
にじっくり浸るにも良し とまあお勧めの公園の1つですね^o^

ただ一番近い駅(東急田園都市線の用賀)からでも、ちょい歩かないといけない
のが難点かなあ。クルマだといくつかある駐車場がけっこう格安ですし、クルマ
での訪問が一番ベターだと思いますわ^^

何度も足を運んでる砧公園と大蔵運動公園ですが、デジタル写真時代以降は
春の桜の時期に訪れていないことに今回編集中に気がつきました。
今回の写真の中に桜光景がないのはそういうわけでして^^;

今年はまだ一度も訪れてませんし、また春のサクラという課題?もあるし、
まあいずれにしろ、また訪問した暁にはここに再度備忘録アップしたいもの
だと思っておりますわ( ̄▽ ̄) 


今回もダラダラとした私の備忘録に長々とお付き合いいただき、
まことにありがとうございました m(__)m

 
トラックバック1 コメント16
東京ミッドタウンの周辺
2014-07-20-Sun  CATEGORY: 街角ウォッチング
梅雨明けしそうで未だ明けない関東南部、これ書いてる今、外は雷雨です (@_@)
これをやり過ごしたら晴れて梅雨明けとなってくれるのかな??
あ、中国四国地方は今日明けたんですね^o^

安全考えたらPC関係シャットダウンした方がいいのでしょうけど、仕事も私用も
そしてこれらブログ関係もPC立ち上げてないと話にならないですしねえ (・ω・)

で、相変わらず忙しいです。世間は3連休の真っ只中ですが、来週に向けての
作業で私は3日間とも家で仕事、自分の街から1歩も出られずでやんす(T_T)

まあこの夏はどこかで1日か2日だけでも旅行なりレジャーなりしたいもん
ですけどねえ^^; 今はとにかく踏ん張るしかないです。。(◎Ω◎)

それにしてもキナ臭いニュースや悲惨なニュースが連日多いですよねえ!
イスラエルの攻撃やらマレーシア機の撃墜やらで一般人、民間人の犠牲者
が大勢。。。(--)

日本で集団的自衛権が話題になる中、近い将来マジで日本が戦争に巻き
込まれるかも!?って、なんか誇大妄想でもない気にもさせられる世界情勢。
今は色んな利害関係者たちの「良心」を信じるしかないですねえ。。。


さて今回の街角の備忘録は東京都港区赤坂は東京ミッドタウンの周辺です。

東京ミッドタウンは住所上は赤坂ですが、実質は六本木の中心交差点の近くに位置し、
六本木ヒルズとともに六本木エリアを代表する巨大再開発施設の総称です。

今回ミッドタウンの建物施設そのものは少ししか取り上げませんが、周囲の自然景観
が素敵なエリアなので、春時期の光景を中心に備忘録アップします^^y

なお今回は1回のアップとしては写真が多少多目ですが、2回に分けるには中途半端
にて1回にまとめました。少しだけ長めのダウンスクロールにて御覧下さい(_ _)

東京ミッドタウン周辺-01
 東京ミッドタウンのメインの口は六本木の外苑東通り沿いにあります

東京ミッドタウン周辺-02
 メイン口前では変形ドーナツ?みたいなモニュメントがお出迎えw

東京ミッドタウン周辺-03
 中心タワービル前にはキャノピースクエアなる大きな屋根あるエリアが 

東京ミッドタウン周辺-04
 見上げるとミッドタウン中核のタワービルの雄姿! 威圧されてる気分w

東京ミッドタウン周辺-05
 キャノピースクエア 屋根支える支柱の太さに溜息

東京ミッドタウン周辺-06
 ガラス屋根越しにタワービルを見上げて こういう造形が各地増えたなあ

東京ミッドタウン周辺-07
 東京ミッドタウンの周囲には緑のエリアが広く整備 それらに移りましょう~♪

東京ミッドタウン周辺-08
 外苑東通り前からミッドタウンガーデンへ 右側はさくら通り

東京ミッドタウン周辺-09
 ミッドタウンガーデン西側は桜を始め様々な木々が綺麗な散策路

東京ミッドタウン周辺-10
 さくら通り ソメイヨシノの名所の1つ ここもガーデンエリアです

東京ミッドタウン周辺-11
 桜時期も混雑しないので穴場なゆったり観賞路ですね

東京ミッドタウン周辺-12
 手前はデザインサイト 背部の高い木々の並びが美景 

東京ミッドタウン周辺-13
 ガーデン脇からは平成光景と昭和光景のごった煮が見えます

東京ミッドタウン周辺-14
 ガーデン脇から改めて見上げるタワービル 太さもある超高層ビルだなあ

東京ミッドタウン周辺-15
 ガーデンから見たタワービルの裏側界隈

東京ミッドタウン周辺-16
 天気の良い日に芝に寝っ転がる 気持ちいいでしょうねえ

東京ミッドタウン周辺-17
 ガーデン前のオープンテラス 普段空いてて休憩の穴場スポット

東京ミッドタウン周辺-18
 芝生広場 ここの芝の手入れは他以上に念入りで見事な芝美! 

東京ミッドタウン周辺-19
 ここも各種桜が遠景ビル光景の無骨さを中和してくれますね 

東京ミッドタウン周辺-20
 かって自衛隊の施設があったとは思えない癒しの空間だなあ

東京ミッドタウン周辺-21
 六本木エリアでは数少ない癒しの場 

東京ミッドタウン周辺-22
 池のある檜町公園がミッドタウンガーデンと分け目なく隣接 

東京ミッドタウン周辺-23
 個人的には六本木で一番綺麗な庭園式公園だと思ってます

東京ミッドタウン周辺-24
 園内の小川 すぐ隣にタワービルがあるとは到底思えない光景 

東京ミッドタウン周辺-25
 この休憩所内の長いベンチに座り池や園内の木々を眺めるも至福

東京ミッドタウン周辺-26
 ミッドタウンガーデンと檜町公園は各種桜が4月いっぱい楽しめますね 

東京ミッドタウン周辺-27
 檜町公園脇の桜のある通り 正面遠景に六本木ヒルズの雄姿も

東京ミッドタウン周辺-28
 ミッドタウン前から見えてるヒルズは建物建設でいずれ見えなくなりそう

東京ミッドタウン周辺-29
 ミッドタウン裏手等の住宅街とは各地起伏激しい道でつながってます


東京ミッドタウンは六本木の旧防衛庁のあった跡地に再開発にて2007年に
オープンした巨大な複合施設です。六本木ヒルズよりは全体規模は小さい
ですが、それでもタワービルを中核に大小幾つもの巨大ビルで構成された
タウンの全景は壮観です( ̄○ ̄)

中核のタワービルはつい先日までは都内一の超高層ビルで高さが248m
あります。ちなみに今都内一の超高層ビルは先月開業の虎ノ門ヒルズで
255mだそうです! 

大阪のあべのハルカス(300m)や第2位の横浜のランドマークタワー(296m)
に比べたら、東京都内の超高層ビルは数はたくさんあれど高さでは今や大した
ことはないようでw^^;

一見六本木ヒルズのメインビル(238m)の方がミッドタウンタワーよりも巨大に
見えるのですが、それはこのビルの見た目が従来型の箱型のアッサリ形状
のせいかもですね^^;

今回取り上げたのはタウンの建物施設ではなくガーデン&公園施設ですが、
これら公園の光景を楽しむだけでもここを訪れる価値はあると思います^^

ソメイヨシノを中心にガーデン内は遅咲きの各種桜も含めて4月いっぱい楽しむ
ことが出来る緑の空間です。六本木ヒルズよりも人混みは少な目なので
ノンビリした散策が可能な穴場的な空間です^^y

またガーデンと分け目なく隣接した檜町公園(ひのきちょう)は昔毛利家の下屋敷
があったところで、一年を通じて様々な木々の移ろいを池の周りに楽しむことが
できる庭園式の公園です。ベンチ等も多く、またここも人出は少なめなので、
いつ行ってもノンビリ気分を堪能できるお勧めスポットですわ^o^v

今回の東京ミッドタウンも六本木ヒルズもビル群自体は凄いとはいえ、それほど
親近感を覚える施設ではないんですよねえ個人的には^^; どちらも施設の周辺
の桜中心とした自然の美しさに惹かれて年に1~2回立ち寄る次第ですわ^^y


今回もダラダラとした私の備忘録に長々とお付き合いいただき、
まことにありがとうございました m(__)m

 
トラックバック0 コメント16
等々力渓谷公園
2014-07-15-Tue  CATEGORY: 街角ウォッチング
いやあ1ヶ月に及ぶブラジルW杯はドイツの優勝で昨日幕を閉じましたね^^

決勝戦、私は密かに?アルゼンチンを応援していたのですが・・・もう特定の
猛者による個人技で頂点獲れる時代ではないのですかねえ・・・^^;

スポーツの世界くらいは、組織力ではなくスーパースターの独壇場って光景
をより堪能したいものなのですが。。。まあ私の個人的な欲求ですけどね^^

さーて、忙しくて時間も限られる中で無理やりW杯を録画なりで仕事合間に
結構見ていたツケにて今週も来週も忙しさが一層増すハメにww(@_@)

まあ自業自得ですね^^; でも4年に1度の祭典にて我慢無理なのですわ^m^y

生きてるうちに日本がW杯の決勝の舞台に立つ日が果たしてくるか?
絶対無理!!! ってのが今回の私の感じた結論ですw^^;
  (でも・・・無理でも見てみたいですけどね~♪)


さて今回の街角の備忘録は東京都世田谷区は等々力渓谷公園です。
  (ちなみに等々力は「とどろき」と読みます。)

等々力渓谷公園は、天下?の世田谷区に存在する23区内唯一の渓谷を
ベースとした閑静な公園です^^ 

御存知の方には何度も行ってるし、よく知ってるよ!って言われそうですが、
知らない方には都内に?それも多摩方面ではなく23区内に渓谷が?
ってキョトンとされるかなと^m^;

今回は後者の人に特に読んで頂きたい、都内近郊のお手軽散策のネタ
として備忘録アップです^^y

等々力渓谷02-01
 東急大井町線の等々力駅 今回の渓谷の最寄り駅です

等々力渓谷02-02
 大井町線の急行電車 ちなみにこの等々力駅は通過にて注意w 

等々力渓谷02-03
 等々力は世田谷区の代表的な住宅地の1つ 多摩川も近いですね

等々力渓谷02-04
 駅脇の踏み切りから渓谷傍の木々ももう見えてる? 

等々力渓谷02-05
 駅から徒歩2分かからずに等々力渓谷公園の入り口に到着 

等々力渓谷02-06
 入り口脇のゴルフ橋上から見下ろした渓谷の一部光景

等々力渓谷02-07
 この渓谷は北端から南端まで1kmにも及ぶ結構な規模です

等々力渓谷02-08
 渓谷に降りて先ほどのゴルフ橋(赤)を振り返り 落差10mだそうで

等々力渓谷02-09
 山間の麓の沢ごとき光景が目の前に! 

等々力渓谷02-10
 鬱蒼と生い茂った木々の緑と小川の流れる音に心が瞬間浄化されそう 

等々力渓谷02-11
 この散策路は渓谷全体の7割ほどをカバーしてるようです 

等々力渓谷02-12
 ここが東京都内のそれも23区内であることを忘れそうw

等々力渓谷02-13
 小川(谷沢川)の中で撮影者とモデルが 写真集の一角ここで撮ってる? 

等々力渓谷02-14
 随所にむき出しの断層 赤土の関東ローム層とか観察できますね 

等々力渓谷02-15
 稚児大師堂 稚児大師とは弘法大師の幼少時を指す呼び名だそうです

等々力渓谷02-16
 中ほど過ぎると風流な仏閣等伴った一角に

等々力渓谷02-17
 なんだか京都の山間部の神社巡りでもしてる気分になってきます

等々力渓谷02-18
 正面右は不動の滝 2つの龍の首から水が流れ落ちてます 

等々力渓谷02-19
 不動の滝の傍のカフェ雪月花 雰囲気良さ気な御茶屋風

等々力渓谷02-20
 渓谷隣接の日本庭園 今回は池に水無いので雰囲気イマイチでした

等々力渓谷02-21
 庭園には風流な竹林もありました 急坂な庭園なので足元注意ですw

等々力渓谷02-22
 庭園地上部には緑の芝あざやかな区画もあります

等々力渓谷02-23
 渓谷を上がったすぐの所には等々力不動尊なる寺も 

等々力渓谷02-24
 渓谷沿いの緑を背景に悠然と立地の閑静な境内

等々力渓谷02-25
 手洗い場の竜!? 一瞬見た瞬間はぎょっとさせられます

等々力渓谷02-26
 さらに別の所でも SF映画のエイリアンを彷彿させられますねw


等々力渓谷の最寄り駅である等々力駅は、賑やかな人気の街である自由が丘や
二子玉川から各駅停車の電車で各々数分という交通の便は良いところです。

その利便性の良さもあって、等々力渓谷には私は過去何度も訪れており、今回の
写真は今年の初夏に訪れた際のものです^^

この渓谷の事はTVでもちょくちょく取り上げられてきてて、近年ではタモリ倶楽部
やアド街っく天国でも取り上げられてましたね^m^

等々力渓谷は写真に写っている谷沢川が長年浸食されて形成されたものだそうです。
谷沢川は渓谷を抜けた後数百mで多摩川に流れ込み合流します。

なお渓谷下部でも海抜はプラスです(でないと多摩川に下れませんしねw^^;) 
周囲の住宅地が全体的に小高い丘みたいになってるわけですね^^

東京23区、それも世田谷区の住宅街のど真ん中にあるとは、到底信じ難いほどの
秘境ムード満点のスポットです。初めて訪れた人はビックリすると思います^o^

途中出てくる不動の滝は現在都内のパワースポットの1つらしいです^^;
昔はもっと勢いよく滝の水が流れ落ちてきてて、修行の僧侶が水を浴びにきたり
していたそうで( ̄o ̄)  

ちなみにその昔の滝の流れ落ちる音が周囲に「轟く とどろく」がもじって現在の
等々力(とどろき)の地名になったという説があるそうです(◎Ω◎)

訪れた日は平日夕だったこともあって人は少な目だったのですが、地元の人に
とっては絶好の散策&運動コースで、休日はそれなりに賑わうらしいです^^

また夏場とかは住宅地のある地上よりも体感気温は2~3度低く感じるので
納涼効果もあって気持ちがよい散策路だと思いますわ^o^y

今回写真では出しませんでしたが、この渓谷の途中の頭上を大動脈道路の環八が
通ってたりします。もうここが都市なのか山村なのかワケワカメな感じに(@@)

渓谷に直接連なる形で規模は小さいながらも日本庭園があったり、不動尊があったり
と変化にも富んでいて家族連れやペアで訪れても、飽きはしないかと^^y

まあ1度は訪れる甲斐のある、都市近郊のある種「奇跡の渓谷」だと思います^-^
私も桜や紅葉の時期にここを訪れた事はないので、その時を狙ってまた年内か
来年にでもと^^;

あ、家族連れだと最後の不動尊内の竜の像には注意です。小さいお子さんには
突然見ると怖がられて泣かれるかもしれませんのでw^^;


今回もダラダラとした私の備忘録に長々とお付き合いいただき、
まことにありがとうございました m(__)m

 
トラックバック0 コメント18
千鳥ヶ淵と周辺
2014-07-10-Thu  CATEGORY: 街角ウォッチング
ダラダラとした梅雨空の日々が続く関東南部、7月も中旬に入ろうかというのに未だ
梅雨明けの気配も予報見込もないのは何だかなあ ( ̄~ ̄)

おまけに今は台風8号が西で猛威を振るってて関東にも明日来る?ようで( ̄Д ̄)
ピーク時の沖縄では台風に慣れてるはずの現地の方々も相当に怖い思いをした
ようで、ほんと自然の猛威には我々人間は無力ですよねえ。。。

台風だいぶ勢力は衰えたとはいえ梅雨前線が停滞してる中、とんでもない風害や
水害を引き起こす可能性もあり、用心に用心重ねないといけないですよね!
 (昔実家が台風で一部損壊した経験もあって・・・私トラウマ今も少しw^^;)

今この記事早朝に書いてるわけですが、隣のTVではW杯のオランダーアルゼンチン
の戦いの最中、気になってタイプする指先も間違い連発w^^;

昨日のブラジルの歴史的大敗には仰天させられました。あのブラジルがねえ・・・
こんな世界相手に日本が対等に戦える日は来るのだろうかとふっと溜息w

ああ!早く書き上げないとまたこれから仕事だっちゅうに! (≧∇≦)


さて今回の街角の備忘録は東京都千代田区は千鳥ヶ淵と周辺です。

千鳥ヶ淵は都内でも有数の春の桜の景勝地として有名ですね^^

今回は皇居シリーズの第5弾かつ最終編となります。九段下から半蔵門の先
までをカバーし、第1弾の桜田門に至る皇居一周のブラリ散策の終了です^o^
 (写真は3年前~今年までの散策の中からの抜粋編集です)

千鳥ヶ淵周辺02-01
九段下の靖国通り 遠景にひょっこり東京スカイツリーも顔覗かせてますね

千鳥ヶ淵周辺02-02
 九段下の交差点付近には一見窓もない金色の建物が?

千鳥ヶ淵周辺02-03
 建物の正体は昭和館 十数年前に立てられた博物館でした

千鳥ヶ淵周辺02-04
 交差点付近の九段会館 昭和初期竣工の歴史ある建物 

千鳥ヶ淵周辺02-05
 昭和の歴史彩ってきた九段会館も取り壊しが決まったそうです 

千鳥ヶ淵周辺02-06
 何かと有名?な靖国神社も九段下に (今回はこれ以上触れません)

千鳥ヶ淵周辺02-07
 さて九段下から皇居エリア一周の残り部分を見ていきましょう 

千鳥ヶ淵周辺02-08
 先日の田安門近くの桜シーズン時の光景 

千鳥ヶ淵周辺02-09
 千鳥ヶ淵緑道は九段下から1km近く続く濠沿いの桜の道ですね 

千鳥ヶ淵周辺02-10
 靖国通り沿いの品川弥二郎の銅像 地味ながら緑道入口にて目立ちます 

千鳥ヶ淵周辺02-11
 桜開花時の千鳥ヶ淵緑道 桜を見に来たのか人を見にきたのか状態w

千鳥ヶ淵周辺02-12
 千鳥ヶ淵緑道は目線まで垂れ下がってる桜も多く観賞楽しめます

千鳥ヶ淵周辺02-13
 先日の北の丸公園の山岳地帯?の濠側はこうやって桜に覆われます

千鳥ヶ淵周辺02-14
 皇居の御所方向に見て 桜時期のボートは超人気!

千鳥ヶ淵周辺02-15
 道沿いの青いモニュメント メキシコ移民百周年記念だそうで 

千鳥ヶ淵周辺02-16
 千鳥ヶ淵の桜は殆どソメイヨシノ まだ植樹の余地あるとはw 

千鳥ヶ淵周辺02-17
 先日来の野暮?な存在の首都高の上渡り、半蔵濠へ向かいます 

千鳥ヶ淵周辺02-18
 手前の半蔵濠と向こうに半蔵門 遠景に国会議事堂の姿も

千鳥ヶ淵周辺02-19
 半蔵門 門の向こうは皇族住む広大な御所 我々は通常立ち入れず

千鳥ヶ淵周辺02-20
 横から見た半蔵門 高低差とか見てると要塞ですよね旧江戸城世界はw  

千鳥ヶ淵周辺02-21
 半蔵門付近から見た桜田濠と遠景は三宅坂に霞ヶ関

千鳥ヶ淵周辺02-22
 桜田濠沿いの向こうは巨大な警視庁 この辺り桜の木は僅かです

千鳥ヶ淵周辺02-23
 振り返れば半蔵門はもう遠くに 濠に写りこむ緑は素敵ですねえ

千鳥ヶ淵周辺02-24
 皇居の濠と緑は昔のままの姿 やっぱ優美だなあ

千鳥ヶ淵周辺02-25
 国会前交差点(国会は真後ろ) と桜田門 第1弾の開始地点近くに到達 


九段下という街は別の機会にあらためて備忘録にしたいと思っていますが、牛ヶ淵
沿いの2つの建物は皇居関連の光景として今回特別にアップとしました^^

私は九段下に若い頃2年近く勤務してたことがありますが、当時は昭和館なるものは
なく、最近まであの金色?の建物は何か知りませんでした^^; 面白そうな内容の
館内みたいですが未だ入館したことはないです。どなたか入館経験ありましたら
感想とか教えていただければ幸いです^-^

九段会館は昭和一桁に竣工の歴史ある建物です。戦後は連合国の宿舎になったり
したこともあり、以後は様々なイベントに多用されてきました。3年前の東日本大震災
で天井崩落により都内唯一の犠牲者がこの九段会館で出たことをニュースで御存知
の方も多いかと。

実は私の年配の親族が地震当時この会館内にいたんですよ。幸い崩落の難を逃れて
無事でしたが。この事故により九段会館は使用が停止され今に至っていましたが、
この春に取り壊しとビル化が決まったそうです。また1つ昭和の記憶の光景が消える
ことは残念でなりません(T▽T)

千鳥ヶ淵緑道はこのブログをご覧の方も桜の時期に散策されてる方は多いかと思い
ますので、今更あれこれウンチク語る野暮は致しません^^; とにかくソメイヨシノが
緑道沿いにも千鳥ヶ淵にもコンモリ咲き誇り見事な光景を楽しめますよね^o^y

尚今回の桜写真は今年春のものはありません。今年春は多忙で千鳥ヶ淵には行け
なかったものですから(@_@) 毎年行きたくなる都内の定番地ですしね^^

千鳥ヶ淵緑道の半蔵門寄りは千鳥ヶ淵公園という内堀通りに沿って超細長い形状の
公園もあったりします。今回その公園内の写真は殆どアップしませんでしたが、春は
ミニ上野公園状態になる所とだけコメントしときますw^^

半蔵門(はんぞうもん)は地下鉄の路線名にもなってるだけに、行ったことの無い方
でも聞きなじみは多くの方はあるのではないでしょうか^-^

半蔵門からさらに数百m内堀通りを進めば、国会や警視庁、桜田門の世界です。
つまり第一弾の皇居外苑の出発点にて、広大な皇居エリアの外周を反時計回り
に1周してきたことになります^o^y

私は1日に皇居エリアを1周したことはなく、過去数回に分けた散策撮影のまとめ
として今回大きく5回に分けて皇居シリーズとして備忘録化してみました。

今回で皇居関連は一旦終了です。でも割愛した部分も多々あり、また今後もネタ
出来易いエリアかと思いますので、いつかまた登場させるとは思います^^

皇居シリーズまとめにあたって個人的感想を最後に一言だけ

 ・・・なんてバカでかいんじゃ!江戸時代の江戸城は!

この巨大要塞の江戸城にかって日本全土は支配されてきたんですねえ。
外様な西国出身の私コマソンとしては感慨とともに複雑な気持ちにも・・・^^;

あっ!今も旧江戸城世界の隣の霞ヶ関に我々支配されてるんだっけかwww(笑)


今回もダラダラとした私の備忘録に長々とお付き合いいただき、
まことにありがとうございました m(__)m

 
トラックバック0 コメント18
北の丸公園と周辺 2
2014-07-05-Sat  CATEGORY: 街角ウォッチング
今この記事を書いてる傍のTVではW杯の順々決勝のブラジル対コロンビアの試合
が行われています。さすがに開催国!スタジアムはカナリアイエロー一色!^o^
凄い盛り上がりで記事書く指が止まりがちですww^m^

3時間ほど前のフランス対ドイツは結果見ただけですがドイツが1-0で勝ったそうで^^ 
強豪フランスがベスト4目前で姿消すのも驚きですが、まあ今回どこもレベル高いので
仕方ないですかねえ^o^ 日本は実力的にやっぱ今回無理だったと実感ww

でも知人との賭けに負けたのは悔しい>< まあお金ではなく飯を賭けてですけどね^^;

それにしても7月に入っても未だ梅雨が明ける気配が全くない東京地方、湿気に
かなり弱い体の私にとっては1年で最も辛いシーズンですわ( ̄~ ̄)

先月以来、問題山積みでイライラの身にて、気候だけでも気持ちよい日々に早く
切り替わってほしいかな~と思う今日この頃です^-^
  あ~、でも梅雨明けでも去年のような酷暑は勘弁ですよねwww


さて今回の街角の備忘録は東京都千代田区は北の丸公園と周辺の続きです。

北の丸公園は元軍事拠点の1つだっただけに、痕跡たる建物が残っていたり
して、歴史を偲ぶリアル教材にもなるところかもですね^^

北の丸公園01-28
 北の丸公園の南西の端に瀟洒でレトロな赤レンガ造りの建造物があります

北の丸公園01-29
 旧近衛師団司令部の庁舎跡 重要文化財なんですねえ! 

北の丸公園01-30
 今は東京国立近代美術館の工芸館として使用されています。

北の丸公園01-31(木漏れ日の中の果実)
 「木漏れ日の中の果実」 うーん、芸術はさっぱり判りませんw 

北の丸公園01-32(北白川官能久親王像)
 北白川官能久親王の銅像 明治の皇族かつ軍人だそうな

北の丸公園01-33(北白川官能久親王像)
 明治36年の建立で芸術的にも今も評価が高いそうです

北の丸公園01-34
 公園の南端は御所の北の端や先日の東御苑に道挟んで接してます 

北の丸公園01-35
 乾門(いぬいもん) 今年4月に坂下門迄の桜道が一般公開されましたね 

北の丸公園01-36
 乾門から東奥(写真左奥)は先日の竹橋の界隈ですね 

北の丸公園01-37
 公園南端を少し東に行くと正面に先日の北桔橋門です 

北の丸公園01-38
 公園の南を沿うように走る首都高を連絡橋から見下ろして

北の丸公園01-39
 国立近代美術館の前から首都高横断して御所北側の緑地道へ

北の丸公園01-40
 自然歩道タイプの道は江戸時代のままっていう印象

北の丸公園01-41
 千鳥ヶ淵方向を鳥瞰 正面の森が前回の山岳道のところ 

北の丸公園01-42
 前回とは丁度反対の位置 こういう時に首都高は目印にはなりますw 

北の丸公園01-43
 左側の林のあたりに千鳥ヶ淵戦没者墓苑やボート乗り場

北の丸公園01-44
 この道を西進すると内堀通りの一番町あたりに合流 左は御所 

北の丸公園01-45
 皇居最大かつ本体である御所は外からみても緑豊かですねえ 

北の丸公園01-46
 最後に北の丸公園のもう1つの出入り口である清水門へ 

北の丸公園01-47
 江戸時代そのままの幅広い石段を降りていきます

北の丸公園01-48
 石垣も昔のままで完全に残ってて雰囲気良いですね 

北の丸公園01-49
 ここにも現代と江戸時代とをつなぐタイムゲートがありました!ってかw

北の丸公園01-50
 濠渡る橋の向こうに千代田区役所などの白い現代が待っていますね

北の丸公園01-51
 清水門は田安門より地味で利用者少ないですが、じっくり見れるかと

北の丸公園01-52
 薄目で見てると武士の闊歩がうっすら見えてくるような錯覚もw

北の丸公園01-53
 清水濠 この先右奥に先日の竹橋の世界に至ります


東京国立近代美術館の工芸館は明治のレトロ感が凄く色濃い素敵な赤レンガ
の建物です。旧近衛師団の司令部がここに置かれていたそうで、この北の丸公園
がかって一大軍事施設であったことを示す象徴ともいえる存在ですかねえ^^

この工芸館の前から首都高の上を渡る橋を渡れば、千鳥ヶ淵の南側の回廊、
見方を変えれば、御所の北側をなぞる回廊を歩いていける古道に出れます^^

古道から見る千鳥ヶ淵の光景は首都高が視野上邪魔にも感じますが、総じて
なかなか良いものです^^ 春の桜づくしの際に是非来たいところですね^o^v

古道と並行して舗装した道路もあるので好きな方を歩いて一番町の方向へ、
皇居一周の道程へと向かっていけます。ここは先日来書いてる皇居の最短
ジョギングルート上でもあるので人や自転車等の往来も多い感じでした^-^

皇居エリアで最も広大な御所はもちろん我々は普段入れません。ただ外側から
見るだけでも御所内は皇居で最も緑豊かなところであることが判る感じですね^o^

その御所内の東端を先日の乾門開放の時にもし行っていれば、御所の一端に
触れるチャンスであったのでしょうけども、半日で10万人だか20万人だかの人が
押し寄せ大行列で、景色をゆったり楽しむどころではなかったかもですね^^;

清水門は北の丸公園に出入りする3箇所の出入り口の中では比較的利用者も
少なく地味な印象です。が、しかし、今回の皇居周辺の散策の中で一番昔のまま
江戸時代のままの部分が多い感じで個人的には非常に印象深ったです^-^

次に北の丸公園を訪れる機会あらば是非この清水門から入ってみたいと思う次第
なのですが、この周辺は千代田区役所とかあるだけで駅からも離れてて、やや
アクセス不便ですかねえ^^;


さて今回のネタで皇居シリーズのアップ予定の大半は終えたことになります。
割愛したネタも多いですが、あんまし細かくやるのもクド過ぎるかなと^^;

次回は皇居シリーズの最後の締めに、北の丸公園隣接地帯の九段下や
千鳥ヶ淵、その他をとりまとめてアップしたいと思っています^^


今回もダラダラとした私の備忘録に長々とお付き合いいただき、
まことにありがとうございました m(__)m

 
トラックバック0 コメント12
<< 2014/07 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 コマソンの徒然日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。