日々の生活での喜怒哀楽記録や、街角や旅行先での写真を備忘録としてアップしていきます。
コマソンの徒然日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
観音崎 2
2013-05-15-Wed  CATEGORY: 旅行記
今日は午後外出してからそのまま夜飲み会で終電帰りです(≧∇≦)
この日記記事も日付またいで書いてま~す^^(いつもの事ですがw)

それにしても夜も肌寒さは若干あるにしても、アルコールでホコホコした体には
心地よい感じ~♪ 昼間の暑さはともかくいい季節になってきましたねえ( ̄▽ ̄)

ありゃあ~、ベイちゃんは交流戦連敗かいなあ( ̄~ ̄) 楽天も強いチームに
なってきてんだねえ。まあ明日があるさ~!ベイ頑張れ~^m^

おやおや、もう1つありゃあ~が!
世界卓球の個人戦、福原愛ちゃん1回戦負けだと!何やってんの~(@_@)
カスミちゃんは順当に勝ったみたいで良かったあ^^

私、十代の時分に卓球やっていた時代があるんで今でも卓球競技の動向には関心高い方
なんですわいな^^ まあ今とはルールも傾向も違うんで戸惑う部分も多いですけど。

昔はダサくて暗いスポーツの代表格みたいに言われていた卓球も、今は随分と世間の
認知と関心を受けてTV中継も多くなって、なんか嬉しいですわ^-^


さて今日の備忘録は昨日からの観音崎の続きです。

観音崎で有名なのはやっぱ日本最古の灯台でしょうかねえ^^

観音崎1 11 観音崎公園は丘陵地帯広域に広がりめちゃ広いです

観音崎1 12 海岸から灯台方面に向かう石畳の道

観音崎1 13 歩きながら海岸沿いの東京湾の眺望が楽しめます

観音崎1 14 灯台詠った立派な石碑もありました 

観音崎1 15 曰く有り気な不気味な洞窟も。。。

観音崎1 16 灯台へは脇にそれて斜面登っていく必要が

観音崎1 17 結構急で息が切れそうになった記憶も

観音崎1 18 観音崎灯台に到着です

観音崎1 19 3代目の灯台ですが日本初の洋式灯台の風格あるかな

観音崎1 20 幕末時から欧米に要求されて作ったようなものだったとは

観音崎公園は広くいろんなエリアに分かれていて、2回行ったことある私も全ては
回ったことはないんですよねえ。その広さの割りにメジャーな公園と思われていない
せいなのか混雑することはなく、その分かなりノンビリ出来る公園かな^^

観音崎の灯台まで行ったのはこの写真の時が唯一です。本来中の見学もできるはずの
灯台なのですが、生憎この時は開放されておらず中は見れませんでした(T▽T)

しかし、灯台の歴史板読むまでは、この観音崎灯台が日本の開国の歴史に深く関与
した超歴史的建造物だとは認識してなかったですねえ。2代目なんかは大正時代の
関東大震災で崩壊していたなんてなあ( ̄o ̄)

それにしてもこの灯台ってどうやって建設したんだろうなあ?
あの細い山道を人力でせっせと資材担ぎ上げ続けて作ったのかなあ?
なんか変なとこに疑問と関心が湧きましたわ^^;

観音崎編、明日に続きます。

 
関連記事
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 コマソンの徒然日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。