日々の生活での喜怒哀楽記録や、街角や旅行先での写真を備忘録としてアップしていきます。
コマソンの徒然日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多摩センターと周辺 2
2014-10-03-Fri  CATEGORY: 街角ウォッチング
皆様ご無沙汰しております (_ _) 約1ヶ月ぶりの記事更新となります。

今日の東京地方は久々に気温も30度近くあって10月になったというのに残暑を感じさせる
ものでしたが、青空が素敵な上天気だったと思います。皆様はいかがお過ごしだった
でしょうか?

先月初めの前回記事で私の妹の他界のことをお知らせだけして、このブログの更新も、
皆様方への訪問も1ヶ月ほど完全に休止させていただいておりました。

当初は訪問だけでも不定期にと思っていたのですが、今回の件での精神的なダメージ
が大き過ぎて、とてもブログ関係のアクセスをする気になれませんでした。。。(-_-)

この休止の間も、多くの方が哀悼のコメントを下さったり、様子見の訪問をして下さったり
していたことは重々認識しております。遅ればせながらほんと感謝しております m(__)m

今回の記事更新もまだ本格再開には至るものではありません。次回の更新はまた
日が開くことになろうかと思います。しかしながら明日以降はできるだけ、皆様方の
ところへ御礼方々ご訪問させていたくつもりでおります。

継続的な備忘録記事投稿再開にはもうしばらく時間をくださいまし。
今月は納骨や49日等、またいろいろありますもので。。。(_ _)

今回の件に関して顛末や私情等を備忘録の後に(追記)として書き留めてあります。
 (・・・暗くやるせない内容にてその旨ご承知おき下さい )


さて久々の今回の街角の備忘録は前回の東京都多摩市は多摩センターと周辺
の続きです。

前回はセンター街中の喧騒やキティちゃんの街ぶり等を取り上げましたが、今回は
周辺の公園や全体光景、一部の近隣駅周辺等にも目を向けてみたいと思います^^

多摩センタ周辺02-01
 パルテノン多摩 催事スペースを有する多摩センター地区の象徴の1つ

多摩センタ周辺02-02
 パルテノン多摩脇の階段上から見たパルテノン大通り

多摩センタ周辺02-03
 階段上がるとそこには人工池

多摩センタ周辺02-04
 池に鏡のように写り込む光景が面白いですね

多摩センタ周辺02-05
 久々に綺麗に写り込む光景を見ましたわあ~ 

多摩センタ周辺02-06
 上下の感覚が麻痺しそうw 

多摩センタ周辺02-07
 パルテノン多摩の上は広い多摩中央公園が広がってました

多摩センタ周辺02-08
 広々としてて気持ちがいいですわあ

多摩センタ周辺02-09
 小さい子供が3人行進していく様子が微笑ましかったです

多摩センタ周辺02-10
 大きめの池もあり周囲の近代建築物の無粋さを中和してる感じかな

多摩センタ周辺02-11
 まるでゴルフ場の中にでもいるかのような気分にw

多摩センタ周辺02-12
 公園と交差する道々がバランスよく設計されてますね 

多摩センタ周辺02-13
 レンガ坂 のんびり歩いてみたい素敵な坂道ですかねえ

多摩センタ周辺02-14
 米国の郊外都市風味な街並みにも感じられる光景かな

多摩センタ周辺02-15
 外部を反射してる?のやら内部が透けてる?のやらw

多摩センタ周辺02-16
 少し高台から駅方向 中央は京王プラザホテルです

多摩センタ周辺02-17
 都心部には無いゆったりとした都市光景かな

多摩センタ周辺02-18
 モノレールが出来て以降は壮観な光景に厚みが増してるかも

多摩センタ周辺02-19
 都市モノレールは未だに見慣れない光景にて面白いですわ

多摩センタ周辺02-20
 センター駅の北側 都心繁華街っぽい光景もありますねえ

多摩センタ周辺02-21
 多摩ニュータウンはこういう光景が広域に広がってます 

多摩センタ周辺02-22
 大阪の万博記念公園近くの光景にも似てるかと

多摩センタ周辺02-23
 永山駅(小田急&京王) センターから新宿寄りに1つ手前の駅 

多摩センタ周辺02-24
 駅周辺の商業施設はセンターと違って昼間は閑散としてますかねえ

多摩センタ周辺02-25
 京王堀の内駅 センターから橋本側に1つ隣の駅

多摩センタ周辺02-26
 ユニークな造形モニュメントもある駅前ですね

多摩センタ周辺02-27
 モダンなニュータウン光景ですが 坂の上り下りきついかも? 

多摩センタ周辺02-28
 この堀の内周辺もまさに古くからの多摩ニュータウンの光景そのものです

多摩センタ周辺02-29
 多摩市から八王子市にまたがる多摩ニュータウンの道は全部複雑すぎるかなw

多摩センタ周辺02-30
 堀の内駅近くの大栗川 春は桜が見事だったはず

多摩センタ周辺02-31
 こういう川っぺりでしばし物思いに耽るのもまた一興かと思います


多摩中央公園はこれら写真撮影訪問時に1度初めて訪れただけですが、緑豊かで
広々とした園内はなかなかに素敵で、また行きたくなる感じでした^^
近くのレンガ坂も洒落た坂道で、近隣住民を羨ましく感じたりも^^;

多摩センターの駅周辺の光景はダイナミックかつ、都心部にはないゆとりもあって
普段お目にかかれない興味ある都市光景を構成してると思います。やはり平成
以降に開業した多摩都市モノレールの存在も大きいかと。

なにしろ都市モノレールって私の認識してる範囲では日本国内でも、この多摩の
他は今は湘南、千葉市、大阪府、北九州(小倉)の合計5都市エリアにしかない
ですしね!  (遊園地等のは別ですよ^^)
普段見慣れないモノレールの光景には私も未だにワクワクしてしまいますわw^^;

さて今回の多摩センターや近隣は、多摩ニュータウンの中核だけあって賑やか
な面も多かったですが、このニュータウン、御理解の方も多いでしょうが、
今や住民の高齢化の問題を抱えています。

一見街中は若い人で賑わってるように見えても、このニュータウンエリアは開発
から40年以上を経過し、初期の住民はかなり高齢化しています。入居した頃に
いた子供も成人してこの街から出て行き、残された親は高齢で夫婦のみで、
あるいは単身でこの街で余生を送っているケースが相当に多いようで。

そうなると、このニュータウン、今回の写真からだけでもお分かりかと思いますが
丘陵地帯を切り開いて造成されたものだけに坂がほんと多いんですよね。
これは足腰の弱ったお年寄りには日常つらい面も多いんじゃないかと。

また昨今の都心回帰傾向で、こういう都心から離れたニュータウンは若いファミリー
からは敬遠され気味で、今後高齢化に一層の拍車がかかっていく恐れも。。。

近代的な多摩センターの賑わいを見ていると、感心したりする反面で、この
日本各地の都市のどこにもいずれ訪れる超高齢化社会の有り様に不安と
懸念もひしひしと感じたりするんですよねえ。

まあでも今時点では素敵な街ですけどね多摩センターも周辺も^-^

今回もダラダラとした私の備忘録に長々とお付き合いいただき、
まことにありがとうございました m(__)m



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(追記)

私の妹(仮名K子とします)が9月4日午前に還らぬ人となってしまいました。

享年48歳。5年前に最初の癌の発病以来長く闘病を続けてきており、最近
7月の段階でも日常生活は普通に送り、未だ何年でも粘って頑張ると笑って
いたのですが・・・急激な転移の猛威には勝てず突然力尽きた感じです。

K子はほんと誠実で性格も極めて社交的で優しく、いつも自分のことよりも
他者のことを気遣ってばかりの「お人よし」タイプの女性でした。
若く見えるので、見た目は永遠に20~30代という感じのかわいい朗らかな
顔立ちで、一族のアイドル的な存在でもありました。

兄の私がこう言うのも何ですが、K子は生まれてこの方、誰からも恨まれたり
したことが一度として無いと思います。むしろ男女問わず誰からも癒しの存在
に見られていたと思います。私にとってもそうでした。

今までも年に何度も一緒に遊びにいったり旅行に行ったりと兄弟の仲は十代
の時代と変わらないほどに仲良くしておりました。下にもう一人妹がいるのですが
その末妹ともども、私にとっては内心自慢の2人の妹だったのです。

K子には2歳違いの夫と2人の娘がいました。夫は忙しい仕事の合間を
ぬって妻の闘病を全面的に支えてきました。結局報われずしばし呆然でしたが
今は喪主としてしっかりと役目を果たしています。ほんと頭が下がります。

2人娘の上は今度成人式でした。その日をK子は楽しみにしていたのですが・・・
下は今年中学に上がったばかりの13歳、やんちゃな性格なのですが、K子
の臨終の際の今までに見たことの無い号泣にはかける言葉もなかったです。。。

K子は私と同じ福岡出身、結婚前までは福岡で学生生活、OLをしていました。
その福岡には私どもの両親が健在です。今回のK子の他界で一番放心した
状態なのは母なのです。私が今一番気に病んでいることの1つでもあります。

残念で悔やまれるのは、突然1日で急に危篤状態に陥ったため、その両親
ともどもK子の臨終に福岡から駆けつけるのに30分ほど間に合わなかったこと、
あと意識も前日夜に急激に失ったため、私も含めて家族ともども誰も別れを前提
とした会話をすることが出来なかったことです (・・・当然遺言の類もありません)

この数年の間にも何人もの親族が病気や老衰で亡くなりました。これはこれで
悲しきことではあるのですが、皆それなりの年齢で人生を全うした形にて
納得はできるものでした。今回のK子はまだ人生半ばで突然命を奪われた形
です。私も周囲もやるせなさは言葉に表すことも難しく耐えがたく・・・

癌というものは恐ろしい病です。人類は宇宙の奥にまで衛星を自在に飛ばせる
時代になっても癌の克服には到底至っていない現状を思い知りました。

妹K子がこの闘病中に試した抗癌剤はどれも強烈な副作用でもって、K子を
苦しめました。それを見てきている我々は今回その苦しみから解き放たれた
K子に今は良かったという見方もしないわけではないですが・・・。

しかし我々の無念以上にK子本人がほんと一番無念だったろうと思います。
娘たちの成長を楽しみにしていたのに・・・

この二人の娘は私も赤ん坊の頃からよく遊んであげてきた間柄にて、今後は
一層に見守って支えていかないといけないなと思っています。

妹K子との思い出が多過ぎて日常の全ての光景や現象が全て脳内で関連
してしまい、日々未だ辛いです。今日のような晴天も・・・・
まだたくさんのことを語り合いたかったのに。。。。

今世間で大ニュースになっている御岳山噴火による大惨事の犠牲者やその
家族のこと、時期が時期だけに、シンクロさせされてニュース見るたびにこちらも
涙が流れてきます。

突然愛しい人を奪われた悲しみ、他人事に思いようがないのです。。。


関連記事
スポンサーサイト
トラックバック1 コメント28
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメントまり姫 | URL | 2014-10-04-Sat 14:42 [編集]
こんにちは~♪
肉親を亡くされたことはホントにお辛いことだと思います。
私も幼い時に両親を亡くしているのでよくわかりますよ。
残されたものがこれからどういきるかでしょうね~
少しずつ将来に目を向けていただけたらと思いますσ(゚ー^*)

管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2014-10-04-Sat 16:32 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
お邪魔しています
コメントヒッキーに憧れる出無精 | URL | 2014-10-04-Sat 17:32 [編集]
お久しぶりです。
少しは気持ちも落ち着かれましたでしょうか。
妹さま、5年もの闘病生活、
そしてまだ成長途中のお子様を残しての急逝、
さぞ、心残りだったと思います。
あらためて、お悔やみ申し上げます。

私も、今年、初めて葬祭を催す側の人間となり、
仏事法事の大変さを身にしみて感じました。
これからだんだん寒くなる季節、
コマソンさんにおかれましても、
ご健康には留意してください。

学生時代、近くまで通っていた多摩センターですが、
多摩中央公園は知りませんでした。
堀の内って昔はなんにもない、
本当に田舎だったんですけどねー。

おじゃましますた。
コメントコマソンM | URL | 2014-10-04-Sat 20:14 [編集]
まり姫さん、どうもです。

いろいろお気遣いありがとうございます m(__)m
まり姫さんもご両親を幼い時に・・・
これまで大変強い気持ちで生きてこられたのですねえ!
私自身も残された子供たちも一族も少しづつでも前を向いて
いかねばなりませんね。。
コメントコマソンM | URL | 2014-10-04-Sat 20:22 [編集]
ヒッキーさん、どうもです。
遅くなりましたがいろいろお気遣いの数々
痛み入ります m(__)m

> 私も、今年、初めて葬祭を催す側の人間となり、
> 仏事法事の大変さを身にしみて感じました。
遅ればせながらもお悔やみ申し上げます(__)

義弟も今回初めて喪主の立場となり、悲しみと戸惑い
の中でしっかり務めている姿にまた涙しておりますです。。。

> 学生時代、近くまで通っていた多摩センターですが、
> 多摩中央公園は知りませんでした。
> 堀の内って昔はなんにもない、
> 本当に田舎だったんですけどねー。

あのニュータウン全域がもともとタヌキの生息の楽天地でしたしねw^^;
今回取り上げなかった南大沢も含めて、よくぞあそこまで発展してきた
ものだと思いますよ。
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2014-10-04-Sat 22:46 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントユッカリン | URL | 2014-10-04-Sat 23:15 [編集]
コメントありがとうございました。
本当に仲の良い兄妹だったのですね。
お兄さんにこれほどまでに思われてある意味幸せ者です。
辛い治療に耐えて立派な方ですね。
きっと妹さんの魂はコマソンさんの近くによく感じられると思いますよ。

心にゆとりができた時にまた更新されるのを楽しみにしています。
こんばんは。
コメントとある大阪の風景。 | URL | 2014-10-05-Sun 02:16 [編集]
僕の親も肺がんで早いうちに亡くなりました。そのお気持ちは多少なりとも分かるつもりです。コマソンさんの記事は毎回楽しむ所関心する所勉強になる所さまざまです。哀しみは和らいでも無くなる事はないでしょうからいつまでも待ってますし無理をなさらずにお願い致します!
コメントコマソンM | URL | 2014-10-05-Sun 12:19 [編集]
ユッカリンさん、どうもです。

> きっと妹さんの魂はコマソンさんの近くによく感じられると思いますよ。
ありがとうございます!そう信じたいものですし、幽霊の姿でも
いいから出ておいで!と毎晩遺影に語りかけてる始末ですよ^^;

> 心にゆとりができた時にまた更新されるのを楽しみにしています。
まだ落ち着いてると言い難い現状ですが、今月中は頑張ってせめて2~3回は
更新したいものだとは思っています^^ また今後ともよろしくです(_ _)
コメントコマソンM | URL | 2014-10-05-Sun 12:25 [編集]
とある大阪の風景さん、どうもです。コメ感謝です m(__)m

とある大阪の風景さんの親御さんもそうでしたか・・・さぞや当時はお辛かった
ことでしょうね。今更ながらお悔やみ申し上げます(_ _)
私こそ、大阪さんのブログは毎回楽しませていただいてますし、勉強にも
なっておりますよ! 視点も細かいですものね^^
なんとか早いうちに以前のように数日おきの更新が出来る様にしていきたいとは
思っておりますので、また今後ともよろしくです。
コメントBARON DE BOP | URL | 2014-10-05-Sun 12:53 [編集]
謹んでご冥福をお祈りいたします。

私の妻もガンで亡くなりました。
享年41歳でした。
3歳と8歳の子供を残していきました。
その子らも今ではとうに成人し、独立しています。

人生は時に厳しいものですね。
頑張って生きるしかないのでしょう。
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2014-10-05-Sun 18:39 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
こんにちは
コメント里花 | URL | 2014-10-05-Sun 20:29 [編集]
多摩センターの人工池、人工といってもなかなかうまく作られていて、素敵な水辺になっていますね。
広々とした緑と水辺が街にあるのはいいものですね。

多摩ニュータウンには、高校の同級生が何人か住んでいましたが、今頃はもう独立したか、お嫁に行ってるだろうなあ・・・。
都心への交通などは決して悪くない場所だから、たとえ古くても家賃さえ安く、また内装など自由にできるなら、入りたい若い人はいるんじゃないかなあ。
コメントみなりな | URL | 2014-10-06-Mon 00:18 [編集]
コマソンさん、お帰りなさい(TT)
コマソンさんの悲しみは
計り知れない深いものだと思います。
でもこうして復活してくださった事
私のブログに遊びに来てくださった事
本当に心から喜んでおります!

お時間がかかるのなんて当たり前です!
私の事はお気になさらずに妹様故人を
偲びながら心の整理をしていって下さい。
ただ思いつめないよう何かあればブログで
ぶちまけてくださいね!


これからも宜しくお願い致しますm(__)m
コメントきみひと@ | URL | 2014-10-06-Mon 19:40 [編集]
こんばんは~、そしてお帰りなさい!
遅くなりましたが、謹んでお悔やみ申し上げます。
ブログも無理をせず、マイペースでやっていってくださいね。

パルテノン多摩脇の人口池、とても綺麗ですね!
晴れの日だと、池も青くなりさらに綺麗なんでしょうねえ。
地元京都には、池はあるにはあるんですが、
あんまり大きい所って少ないんですよね。
しかし多摩ニュータウンの所、ほんと大阪万博に似てますね(汗)
一瞬、大阪かと思いました・・・。



管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2014-10-06-Mon 22:05 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントコマソンM | URL | 2014-10-07-Tue 17:27 [編集]
BARON DE BOPさん、どうもです。

> 享年41歳でした。
> 3歳と8歳の子供を残していきました。
> その子らも今ではとうに成人し、独立しています。
奥様がそんなに若く当時未だ幼い子供らを残して・・・言葉になりません!
BARONさんやお子さん方のこれまでのご心痛やご苦労はさぞや
大変なものだったことでしょう。

> 人生は時に厳しいものですね。
> 頑張って生きるしかないのでしょう。
ほんとそうですねえ。
私や一族も耐えて頑張っていくしかないのですよね。
コメントコマソンM | URL | 2014-10-07-Tue 17:38 [編集]
里花さん、どうもです。

> 多摩センターの人工池、人工といってもなかなかうまく作られていて、素敵な水辺になっていますね。
> 広々とした緑と水辺が街にあるのはいいものですね。
私もあれらの人工池はじめて見て、そう思いました。
緑と水辺の組み合わせって癒しの基本なのかもですね^^

> 多摩ニュータウンには、高校の同級生が何人か住んでいましたが、今頃はもう独立したか、お嫁に行ってるだろうなあ・・・。
私も何人か仕事上の同僚や取引者等が住んでいました。
かなり昔から多くの人の巨大な生活のエリアなのですよねえ。

> 都心への交通などは決して悪くない場所だから、たとえ古くても家賃さえ安く、また内装など自由にできるなら、入りたい若い人はいるんじゃないかなあ。
そうですね^^ いろいろ規制や規約を柔軟にしていけば若い人に
目を向けてもらえるかもですよね^^y
Re: タイトルなし
コメントコマソンM | URL | 2014-10-07-Tue 17:44 [編集]
みなりなさん、どうもです。

いろいろお気遣いや励ましのお言葉、ありがとうございます m(__)m 
今は私自身よりも実母や義弟、娘たちのほうのケアをどうしていくかの方が
問題ですが、いずれ以前のような平穏を取り戻したいと思います。

当面しばらくは未だ緩慢なブログライフになるとは思いますが、
これからも宜しくお願い致しますm(__)m
コメントコマソンM | URL | 2014-10-07-Tue 17:52 [編集]
きみひと@さん、どうもです。

いろいろお気遣いと励ましのお言葉、感謝いたします m(__)m

> パルテノン多摩脇の人口池、とても綺麗ですね!
> 晴れの日だと、池も青くなりさらに綺麗なんでしょうねえ。
ああいう見栄えの人工の池は都内にそうそうあるようで、実際はないので
今回は私自身も収穫でした^^

> 地元京都には、池はあるにはあるんですが、
> あんまり大きい所って少ないんですよね。
むしろ大きくないほうが個人的には風情あるところが多いように
思いますよ^^y

> しかし多摩ニュータウンの所、ほんと大阪万博に似てますね(汗)
> 一瞬、大阪かと思いました・・・。
千里ニュータウンや周辺と多摩ニュータウンは規模や成り立ちこそ違えと、
風景はあちこち似てる気がしますよね^^
コメントsaru山 | URL | 2014-10-07-Tue 19:15 [編集]
ご無沙汰しております。
せっかく少し気分が落ち着かれて記事の更新や私のブログへの訪問、コメントを頂いたのに、日本にいなくてすぐにコメント返しできず、大変失礼いたしました。

本当にみんなから愛された妹さんだったんですね。人柄が伝わってきます。
本当に残念で、言葉にもなりません。
改めてご冥福を申し上げます。

私ごときには最愛の妹さんをなくされたコマソンさんの悲しみを到底推し測ることはできませんが、ブログを更新するなどで少しでも悲しみを乗り越えていこうという、コマソンの精神の強さに感銘を受けています。

ブログの更新、訪問返しなど気になさらず、今はご自分を大切にしてくださいね。
もちろん、更新された際には楽しく読ませていただきますよ!

人工池に映る景色、きれいですね!
こういう写真って風が本当に凪いだ時しか撮れませんよね。

ガラス張りのビルの写真、不思議ですね~
どうなっているのやら。。ミステリアスアートみたいですね。

また、都心部とは違ってゆったりとした時間が流れる空間ですね!
コメントミー子 | URL | 2014-10-07-Tue 23:13 [編集]
コマソンさま。
最愛なる妹様 ご冥福お祈り致します
9月4日以来 時が止まったようなお辛い日々
お察し申し上げます。ガンはやはり怖い病です
抗がん剤の副作用にも苦しめられます。医学の
進歩を心より願います。残されたご家族 コマソンさん
そしてご両親様 特に母上様の心中 伺い知れず
お掛けする言葉を持ちません、、、
どうか 日々 無理なさらず 泣きたい時は泣いて下さい
一日一日が 皆様の癒しの日に近づきますように!!

多摩センターと周辺2
人口池があるのですね。湖面に写るお写真がとても美しいです
キラキラと光る建物も素敵! モノレールのお写真も圧巻です
>小さい子供が3人行進していく様子が微笑ましかったです
この一文に 胸が詰まりました、、、

いつも 有り難うございます。
コメントWILD BOOKERS | URL | 2014-10-07-Tue 23:19 [編集]
コマソンさん、こんばんは。
また、宜しくお願いします。
ゆっくり再スタートされると良いと思います。

人工池の光景が凄く新鮮です~
違う世界に行ったみたいですね。

しかし東京には大きな公園がたくさんあるんですね~
(*^_^*)
コメントコマソンM | URL | 2014-10-08-Wed 19:08 [編集]
saru山さん、どうもです。

> せっかく少し気分が落ち着かれて記事の更新や私のブログへの訪問、コメントを頂いたのに、日本にいなくてすぐにコメント返しできず、大変失礼いたしました。
いえいえ!こちらこそ1ヶ月も音信不通にしてしまっていて
失礼いたしました m(__)m

> 改めてご冥福を申し上げます。
お気遣い痛み入ります (__)

> 私ごときには最愛の妹さんをなくされたコマソンさんの悲しみを到底推し測ることはできませんが、ブログを更新するなどで少しでも悲しみを乗り越えていこうという、コマソンの精神の強さに感銘を受けています。
そんな大層なものじゃありませんよ^^;
今も周囲もショゲかえってますが、それも年内には踏ん切りつけないと
いけないとは私も皆もわかっているのですけどもねえ。。。

> ブログの更新、訪問返しなど気になさらず、今はご自分を大切にしてくださいね。
> もちろん、更新された際には楽しく読ませていただきますよ!
まだ当面は頻度高くはアクセスできないとは思いますが
よろしくです^^

> 人工池に映る景色、きれいですね!
> こういう写真って風が本当に凪いだ時しか撮れませんよね。
ですよね。良い場所も素材も、天気や風の具合に左右されますものね^^

> ガラス張りのビルの写真、不思議ですね~
> どうなっているのやら。。ミステリアスアートみたいですね。
これ私自身、いまだによく判らないんですよ^^;

> また、都心部とは違ってゆったりとした時間が流れる空間ですね!
しばらくは都心部はsaru山さんの方にお任せしますよw^o^y
次回も私は更新したとしても多分郊外だと思いますしね^^

コメントコマソンM | URL | 2014-10-08-Wed 19:14 [編集]
ミー子さん、どうもです。

> 最愛なる妹様 ご冥福お祈り致します
・・・・・・・・・・・
> どうか 日々 無理なさらず 泣きたい時は泣いて下さい
> 一日一日が 皆様の癒しの日に近づきますように!!
深いお気遣いほんと感謝いたします m(__)m

> 人口池があるのですね。湖面に写るお写真がとても美しいです
はい^^これをアップしたかったがための後編みたいなものですし^^;

> キラキラと光る建物も素敵! モノレールのお写真も圧巻です
ありがとうございます(__)

> >小さい子供が3人行進していく様子が微笑ましかったです
> この一文に 胸が詰まりました、、、
近所の団地の子供たちでしょうけども、仲良く行進するように公園
に入っていく様子が昔子供の頃の自分たちをも思い出させられて
ほのぼのしてしまいました^-^
子供はスマホに夢中になるより、やっぱ屋外で遊んでほしいものです^^
コメントコマソンM | URL | 2014-10-08-Wed 19:19 [編集]
WILDさん、どうもです。

> ゆっくり再スタートされると良いと思います。
お気遣いの言、痛み入ります m(__)m

> 人工池の光景が凄く新鮮です~
> 違う世界に行ったみたいですね。
なかなかここまでの光景は街中にも撮れるところ少ないので
私自身もお気に入りですよ^^y

> しかし東京には大きな公園がたくさんあるんですね~
ほんと多いですよねえ。いまだ未足跡の大公園が都内や周辺には
まだ幾つもありますしね!(◎o◎)
人口1人あたりでは下位でも数や面積の絶対数では東京はやはり
国内で一番のようですし。
こんにちは♪
コメント梅サクラ | URL | 2014-10-09-Thu 16:58 [編集]
コマソンさん、こんちは♪

その後少しは落ち着きましたか?
いえいえまだまだですよね?
季節の変わり目、お体には気をつけてくださいね。

多摩の人工池、水鏡のように綺麗ですね!!
映り込んだ光景が、実物とそっくりですね。
こういう所をお散歩しながら、心を休めてくださいね。
コメントコマソンM | URL | 2014-10-10-Fri 20:51 [編集]
梅サクラさん、どうもです。

> その後少しは落ち着きましたか?
> いえいえまだまだですよね?
> 季節の変わり目、お体には気をつけてくださいね。
お気遣い痛み入ります(_ _)
私よりも周囲の方の落胆が心配な日々ですかねえ。
こればっかはきっと一生引きずるのかもですね・・・
まあ年内や来年を何とか何事もなく・・・としたいですね。

> 多摩の人工池、水鏡のように綺麗ですね!!
> 映り込んだ光景が、実物とそっくりですね。
> こういう所をお散歩しながら、心を休めてくださいね。
ありがとうございます。でもこういう光景をみてると
いろいろ思い出すことも多く、辛いものがあるのも確か。
いかんともしがたいものですね。。。(-_-)

トラックバック
TB*URL
ケノーベルからリンクのご案内(2014/10/04 09:05)
トラックバックケノーベル エージェント 2014-10-04-Sat 09:05
八王子市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 コマソンの徒然日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。